日日是今帳…4月23日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ひと月ほど前の桜の開花の頃から、暖かくなったり寒さが戻ったりの繰り返しでしたが、このところは日差しがグンと強くなり、昨日などは暖かいというよりは暑いという言葉が似合うお天気でした。ちょっと心もとなく冬装備からなかなか脱皮できなかったのですが、足首ウォーマーを脱ぎ、スパッツを脱ぎと少しずつ身軽になってきました。春から初夏に向かうこの時期を待っていたかのように庭の小手毬、ツツジが花を咲かせ始めました。花の少ないヒビコレの庭もしばらくは華やかになりそうです。そしてそんな花々を愛で、友人が焙煎してくれた珈琲を美味しくいただきながらこの原稿を書いている…今日もまた日日是好日です。

2018年4月23日

そよ風に 小手毬の白 弾む春

こでまり

日日是今帳…4月18日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

カフェを営業している時は、一応床の間や机に花を置いたものです。花屋の花はシュッと美し過ぎて、ちょっと店の雰囲気に合わなくて…というか、合うような花あしらいができなかったので、地元の農産物販売所のお花を使っていました。ご近所さんが畑の脇で作っているようなお花は、ひょいと器に活けても何となくその場に溶け込んでいた気がします。今朝販売所に行くと赤い大きな花とふと目が合いました。今週末にはkIPのスマホ女子会も開催されるので、たまには花を飾ろうかと家に連れて帰りました。牡丹でしょうか?玄関がパッと華やぎました。ただ美しいというだけではなく、空間も変わるような気がします。植物のエネルギーが作用しているのかなと思ったりして。これからしばらくの間、玄関を開けるたびに赤い花が出迎えてくえるのを楽しみます。

2018年4月18日

古家に 赤色映ゆる 春牡丹

ぼたん?

日日是今帳…4月12日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

毎年のことですが、この時期に鉢植えのギボウシが天に向かって緑葉を伸ばしている光景を見つけて驚いています。毎日何往復としている庭なのに、気づけばこの状態。ついこの間まで土が入っただけの鉢だったのに、いつの間に?土からちょっと若葉が顔をのぞかせているというタイミングになかなか出会わない。もしかしたら、ある程度大きくなるまでギボウシが息を潜めているのでしょうか(笑)それにしてももう10年は経つであろうこの小さな鉢植えの植物。何も手をかけていなのに、毎年律儀に葉を繁らせてくれます。土の中の栄養分とかは無くならないものなのでしょうか?小さな虫?微生物?植木鉢の中にどんな宇宙が広がっているのか?自然の神秘を感じる卯月の朝です。

2018年4月12日

卯月来て ギボウシ目覚め 天仰ぐ

ぎぼし

日日是今帳…4月10日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

桜が終わったと思ったら、冬の様な冷え込みが訪れて体がびっくりするような数日が続きました。湯たんぽやこたつの復活で寒さをしのぎましたが、ここしばらくは寒暖を繰り返して春が深まっていくのでしょうね。桜の花に気を取られているうちに駐車場のケヤキ(か、エノキか分からないけど)がすっかり新緑の葉を繁らせていました。同じ様な樹が庭にもあるのですが(こちらがエノキかな?)まだ枝のところどこに若葉が出てきたという感じです。毎年目にする光景ではありますが、自然は黙々と自分のペースで季節を循環しています。当たり前のことの様ですが、実はすごいことなのではないかなと思ったりします。この自然界の均衡が保たれているからこその循環。ただ、目の前ではいつもと変わらない春が訪れている様に思えますが、世界の中ではその均衡が崩れ始めている様な気もします。来年も再来年もずっとずっと、この美しい新緑が繰り返されていきます様にと願わずにはいられません。

2018年4月10日

透き通る 緑葉卯月の 空に映え

ケヤキ

日日是今帳…4月3日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

冬眠というには長すぎる投稿のお休み。前回の投稿はなんと昨年の11月18日。そんなにも間が空いていたとは自分でもびっくりです。icloudがいっぱいですよとパソコンに指摘されて写真が取り込めず、なんとかしなくてはね〜と思いながら、ダラダラと日々は過ぎ去り、日日是好日ならぬ、日日是先延ばし(汗)先日、見るに見かねたパートナーが、なんとかしてくれたのでやっとパソコンに写真が取り込めました。そんな間にも季節は巡り、桜もハラハラと花びらを散らせ始めています。ヒビコレの門の前の桜も盛りを過ぎました。13年前に越して来た時にはもっと小さな樹でしたが、ずいぶん枝ぶりが良くなってきました。その時5歳だった息子もこの春19歳になります。そして今日は大学の入学式でした。この家に来てもうそんなに時が流れたのかと思いながら、桜を見上げるちょっぴり寂しい春の夕暮れです。

2018年4月3日

桜花 思い出辿る 春の宵

ヒビコレ桜2018

日日是今帳…11月18日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

前回の投稿が10日ということで、一週間越えの投稿です。先週末からM-PADモードに突入。なんとか15日の本番を終えることができました。観劇をしていただくための空間作りと、配膳室を設置するために机をあちらこちらに移動したり、会場準備はちょっとした模様替え&大掃除です。なので年末の大掃除をついさぼってしまうのですが(汗)当日はお天気にも恵まれ、昼間のお客様には庭の散策も楽しんでいただけました。ティータイム公演でお出しした『節知』さんのヒビコレ栗の渋皮煮を使用した『むしぱん』は、お客様に大好評!優しい甘みが絶妙でヒビコレスタッフも大絶賛でした。ディナータイムのお食事もお客様に喜んでいただけた様でほっとしています(笑)大谷 朗氏×角ひろみ氏の『穢土』は迫力のある作品で、ヒビコレの空間が中上健次氏の世界に染められていきました。お越しいただいたお客様、大谷さん、角さん、M-PADの関係者のみなさん、毎年この日のために集まってくれるヒビコレスタッフのみなさん、ありがとうございました。おかげさまで、年に一度のヒビコレ文化祭『M-PAD2017@Hibicore』を無事終えることができました。写真は今回も大活躍してくれたお膳です。

2017年11月18日

古民家の ハレの日も過ぎ 秋寒し

膳

日日是今帳…11月10日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は風の冷たい日でしたが、今日は穏やかなお天気です。木々が静かに佇む庭を見て入ると時が止まっている様に感じますが、細い枝の葉は時折吹く風を受けてゆらゆらと揺れています。縁台でぼーっとしていたい様な日ですが、コーヒーブレイクも終わったので、本日の投稿に取り掛かるといたしましょうか。M-PAD2017@古民家Hibidoreまであと数日と迫ってきました。夏に上演会場のお話をいただいてから、テータイムのお菓子は何にするか?ディナータイムのメニューをどうする?を考え始めます。昨年は『包む』というイメージが浮かび、いろんな食材で試作を繰り返しました。今年は『巻く』が浮かんできて、頭から離れないのでメインは巻物。そして公演日の一ヶ月以上前から、夕飯の食卓に試作品の登場率が増えます(笑) http://m-pad.tumblr.com/

2017年11月10日

風止まり 木々の葉静か 我も凪ぎ

M-PAD2017蓋物 セピア カット

日日是今帳…11月8日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

しばらく青空が続きましたが、今朝はシトシト雨でスタートです。いつものことではありますが、晴れた日と雨の日ではこんなにも庭の表情が変わるのかと驚きます。昨日の投稿で、今年はあんまり紅葉が美しくありませんと書いたシラキも雨に濡れて艶やかな柿色に。ガラス窓越しの葉を見ては「ほぉ、美しいなぁ」と、玄関を開ける度に鮮やかな木の姿に「あ、きれい」と思う今日です。シラキの名誉挽回のために、今年の紅葉もきれいですと訂正しておきます(笑)M-PAD@Hibicore開催の来週の水曜日まで、この色づきでいてくれると嬉しいのですが。さて、そのM-PADの今回の演目は、大谷 朗氏と角ひろみ氏による中上健次さんの『穢土(えど)』です。穢土とは浄土の対語で、煩悩のある世界のことだそうです。中上健次さんは『火まつり』の映画を観たくらいで、この作品は読んだことがありません。どんなお話だろうと想像しながら、当日に向けての準備をしています。こんな雨の日は、外出の誘惑に負けず、ヒビコレをM-PAD仕様に整えるのにぴったりかも(笑) http://m-pad.tumblr.com/

2017年11月8日

霜月の 雨に打たれて シラキ燃ゆ

紅葉窓

日日是今帳…11月7日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

珍しく連投稿です(笑)穏やかな温かな朝。柔らかな庭の光を感じながら、キッチンでコーヒーを淹れるひと時。幸せやな〜と思います。♪幸せ つぶやいた瞬間に 幸せ そこにあるでしょ 何気ない日々の中で ふと気づく 一瞬のきらめき 幸せ 形じゃないよ 幸せ あなたの心に吹く やさしい風だよ♪…以前うずめのラジオでご紹介したことのある『幸せは一瞬の風』という歌も、コーヒーを淹れている時に生まれた曲です。写真はヒビコレ庭のシラキです。毎年一番に色づく木で、美しい赤に紅葉するのですが、今年はちょっと茶色っぽい感じです。光や温度などの違いで色づき具合も変わるのでしょうね。来週15日のM-PAD2017@Hibicoreの頃は、どんな秋庭になっているでしょうか?ディナータイムでは、入り口の紅葉がライトアップされるのですが、どれくらい色づいてくれるかな…。あ、その前に台風で落ちた枝と枯れ葉をきれいにしなければなりません(汗)M-PADの詳しいご案内は http://m-pad.tumblr.com/ あ、今気づきましたが、今日は立冬でした。暖かいけど、冬は近づいているんですね。

2017年11月7日

小春日や 暦の文字に 冬の立つ

しらき

日日是今帳…11月6日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ここ数日良いお天気が続いています。お天気に良いも悪いもないのですが、爽やかに晴れた日はやっぱり嬉しいものです。昨夜は十六夜の月がきれいでした。満月もいいですが、一日過ぎた月も好きです。さて、本日の写真は9月に撮影したヒビコレで採れた栗。来週15日の水曜日のM-PAD2017@Hibicoreのティータイム公演では、ヒビコレ栗の渋皮煮を使ったスウィーツをお出しする予定です。白山町のお店『節知』さんに作っていただきます。『節知』さんのやさしい味わいのお菓子のファンなので、私も楽しみです。そして定番の黒豆ぜんざいもご用意してお待ちしております。テータイム公演は14時スタートです。秋の午後、里山の古民家でおやつと演劇を楽しむひと時はいかがですか?19時からのディナー公演もあります。詳しくは http://m-pad.tumblr.com/

2017年11月6日

霜月に 雲なき青の 澄み渡る

くりこ