日日是今帳…3月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ホワイトデースノウでも降るんじゃないかと思ってしまうほどの寒の戻りです。そしてまたまた前回の投稿から10日以上経ってしまいました(汗)投稿をサボった理由の一つが、確定申告の締め切りに追われていたこと。そしてもう一つが、ヒビコレの西の山、経ヶ峰に風力発電を建設しないでほしいという署名活動でバタバタしていたこと。エネルギー、特にクリーンエネルギーの問題はとてもデリケートですが、既にヒビコレからは青山高原の風力発電群が見えているので、もうお腹いっぱい。これ以上の風車はいりませんという意志を伝えていきたいと思っています。写真は3月11日のヒビコレの庭。たくさんの人が様々な思いで、この日の青空を見上げているんだろうなと思いながら撮影しました。空の色も雲の形も瞬間瞬間移り変わっていく。そんな一瞬の今に自分が生かされていることを思うと、全てが愛おしく感じるそんな春の宵です。

2019年3月14日

蒼見上げ 刹那を想う 弥生空

311

日日是今帳…3月1日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨年の冬に仕込んだ味噌を今週やっと開けました。月曜日にフキノトウをいくつか摘んだので、フキ味噌で使い初め。こんにゃく作りワークショップ参加のみなさんにも味見していただきました。よっしい先生のワークショップで仕込んだ味噌は上出来。今年は自力で仕込もうかなと思っていますが、なんともう弥生の月に入ってしまいました。急がねばです!梅が咲き、木蓮にはつぼみが…春の気配が少しずつ濃くなってきました。マスクのお世話になるちょっと憂鬱な季節でもありますが、手前味噌の味噌汁で体調を整えて乗り切るといたしましょうか(笑)

2019年3月1日

家味噌を 仕込まぬうちに 弥生来て

みそ

日日是今帳…2月25日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

立春の投稿から3週間の冬眠を経ての投稿です。啓蟄が3月6日なので蛙よりは早く目覚めることができました(笑)冬眠明けの投稿はこんにゃくから。今日は3ヶ月ぶりにヒビコレで『よっしぃと愉快な仲間の月曜ワークショップ』を開催。テーマは『生芋と稲わら灰汁からこんにゃくを作る』オモシロレクチャーを聴きながら、ワイワイガヤガヤみんなでこんにゃくを作り、お昼ご飯をパクパク。茹でた芋を少し食べてみましたが、口の中が痛い痛い!そのままではとても口にできない芋をこんにゃくという食べ物に作り上げた先人の発想とチャレンジ精神に感服です。面倒臭がりの私が、材料を揃えて自分で作ることはないと思うけど、本物を知りこれからの買い物に役立てることはできます。そして何よりみんなと会って喋って時間と空間を共にするのが楽しくて、幸せだな〜と感じるのです。こんにゃくはさっそく晩御飯に。さてどう調理しようかな?

2019年2月25日

いびつさも 愛おしきかな 手作りや

こんにゃく

日日是今帳…2月4日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

週末に息子が帰省していたので、節分は家族三人で迎えることができました。太巻きを一本だけ作って三つに切り分け、恵方に向いて食べて儀式が終了。あとは手巻き寿司を楽しむのが、ここ何年かの我が家のスタイルです。節分用にと柊と大豆の枝をいただいたので、イワシの干物も買って帰ったのですがよくよく考えてみると、いつからか「鬼は外、福は内」ではなく、「鬼も内、福も内」の言葉で節分を迎えているので、柊とイワシの鬼除けは必要ないのではということに気づきました。ということで、イワシは今夜のおかずになります。たぶん天河弁財天社で、節分に鬼を招き入れるという神事を知った頃から、「鬼は外」を言わなくなった気がします。先日写真師が撮影した京都の女優さんからいただいた吉田神社の豆を家族でぽりぽりとかじった節分の夜。今年も無事に立春を迎えられたことに感謝です。

2019年2月4日

歳の数 豆食べたのは いつまでか

setubunn

日日是今帳…1月29日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

1月もいよいよ終わりに近づいています。毎回のことながら、ああ1年の12分の1が終わる…年が明けてからのこのひと月、あっという間に過ぎてしまったな〜と思います。昨年あたりまでは、こういう区切りの時期に「いかんいかん、気を引き締めてもっと実りのある日日を過ごさなきゃ」と思っていたのですが、今は『仕事して、遊んで、ご飯食べて、お風呂に入って、寝てという毎日を繰り返してひと月が終わる』それはそれでいいのかもしれないと思っています。還暦に手が届く歳になったので『生きているだけで丸儲け』と感じるのでしょうか(笑)写真は苺のプランター。昨年の暮れに近所のおばあさまが、苗をくださったのでスチロールに植えました。植物を育てるのが苦手な私、はてさて奇跡のヒビコレ苺は実るのでしょうか?乞うご期待。

2019年1月29日

睦月行く ただ過ぎる日も ありがたし

いちご

日日是今帳…1月25日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

雲の多い空ですが、時折差し込む光は春を思わせる明るさ。風もない穏やかな日ではありますが、室内にいるとやはりコタツに入ってしまいます。朝家事を終えた後に、おやつを食べながらコタツで珈琲を飲むお楽しみの時間。洗濯や犬の散歩は、このひとときを味わうためにあるのかもしれません。カフェ営業中にコーヒーメーカーが壊れてしまってからは、もう何年も珈琲は手淹れ。お湯を沸かしてポットを温めて豆を挽いて…と、幾つかの作業はありますが、鼻歌なぞ歌いながら淹れるその時間もまた楽しいもの。珈琲を淹れている時に生まれた歌もありますので、興味のある方はこっそり聞いてください(笑)写真は久しぶりに登場の庭の榎?だと思っている樹。なぜかアイビーや万両に宿られております(汗)

2019年1月25日

湯気立ちて 炬燵の上に 異国の香

やどり

日日是今帳…1月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨夜はみんなの期待に応えるかのように満月が美しい姿を見せてくれました。東の方向に小さな山があるので、市街の方に月が昇ってから、ヒビコレの庭から月が拝めるまでにタイムラグがあります。昨日は夕方の買い物のタイミングで月が昇ったので、ショッピングセンターの駐車場から眺めておりました。買い物を済ませて家に着いてもまだ我が家の辺りからは月が見えません。数十分の時間差で山の稜線が輝き月が顔を見せました。月は見える形こそ違えど、新月以外は夜空のどこかに見つけられるもの。なのにどうして満月にテンションが上がる人間が多いのでしょうか。太古の動物的な記憶なのかなぁ?などなど月を見上げながら想像するのもまた楽しくて。そして今夜は十六夜。欠けていく月もまた良いものです。写真は珍しく裏の風景。このカラスウリも月の光を愛でていたことでしょう。

2019年1月22日

望月を 真似たか丸き カラスウリ

karasurui

日日是今帳…1月20日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨夜寝る前に仰いだ月にきれいな傘がかかっていたので、もしかしたら雨?とは思っていたのですが朝からシトシト雨の里山です。今日は二十四節気の大寒の日に当たります。1月6日の小寒から寒さが増し、大寒の頃が最も寒さが厳しくなるとされていますが、雨が雪に変わる様子もなく比較的暖かい大寒です。まだまだ本格的な寒さはこれからのような気がするのは、現代の暦と旧暦とにひと月近くのずれがあるから?と思っていろいろ調べてみましたが、よくわかりませんでした(汗)興味のある方はぜひ調べてみてください。津市の中心地より2度ほど気温が低い美里町ですが、ガスファンヒーターに頼ってしまうと、光熱費が恐ろしいことになるので、昼間の暖房はほぼコタツだけ。家の中でも常にダウンを着込んでいるので、外と中の服装が同じ。北海道のように家の中では半袖とはいわないけれど、ダウンを脱げるあったかライフがしたい(笑)薪ストーブ欲しいなあと思うのですが、ずぼらな二人に管理は難しいだろうなぁと、絵に描いた餅のままです。写真は雨でキラキラ輝く万両です。

2019年1月20日

大寒や 万両の赤 磨く雨

万両

日日是今帳…1月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日は国民の祝日で成人の日ですが、三重県内では土日に式典を開いた自治体が多かったようです。遠方から帰省する参列者のことを考えてその様な日程になっているのかもしれませんね。昨日今日とハレの日を祝福しているかの様な穏やかな陽気でした。成人の日は1月15日という暦で育った世代なので、未だに第2月曜が成人の日というのにピンときません。調べてみたら1999年(平成11年)まで15日だったそうです。うん十年前、東京で寮の仲間たちとジーンズで式に参加したのも学生時代の良き思い出です。最近二分の一成人式という行事をする小学校もありますが、四十にして惑わずは二倍成人式、六十にして耳順うの還暦は三倍成人式なんですね〜。三回目の成人式が近づいてきている…そんなことを思いながら、きな粉餅をほおばる午後でした(笑)

2019年1月14日

平成の 元服祝う 小正月

thumb_IMG_2997_1024

日日是今帳…1月11日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日は美杉の川上山若宮八幡宮さんに初詣に出かけました。樹々と清流のエネルギーをいただき、心身ともに充電できたような気がします。鏡開きということで、帰ってから小豆をコトコトと煮ました。カフェの営業中、ぜんざい用の’黒豆は数え切れないほど煮ましたが、小豆はめったに煮たことがありません。出来合いですませることが多いのですが、今回は小豆を買ってきてチャレンジ。黒豆は一晩水に浸してから煮ていたので、豆を水に浸しておかなくてよいことにまずビックリ!砂糖は使わず蜂蜜と塩で味をととのえてみました。鏡餅は本来は刃物を使わずに割るそうですが、包丁を使っても小さくするのが一苦労でした。とりあえず七草と鏡開きはクリアしましたが、実はまだ年賀状が出せていないという状態。入力した住所データがうまく反映できないとか…。こうなったら旧正月に向けて賀状を出そうかな(汗)なにはともあれ今日も好日(笑)

2019年1月11日

丸餅を 鏡に喩(たと)ふ ゆかしさや

鏡開き