日日是過去帳&今帳…9月29日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

朝から仕事に出かけていて、帰宅が夕方だったので、日光写真は難しい…。ならばということで、今回はお月さまの写真?ありえない半月状態ですね(笑)玄関の外灯りを半分だけ入れて撮影してみました。雲に覆われてなかなかお月さまも見られないこの頃。1日が新月なので、丁度見られない時期でもありますが。代わりにレアなヒビコレ半月をお楽しみください(笑)

2005年9月29日

いつの間にか 遠のいた蝉の声 音も無く とんぼが飛び交う

2007年9月28日

一葉一葉 枯葉の点描 石畳のキャンバス

2007年9月29日

こぬか雨 庭の草木も しっとりと

2016年9月29日

ガラス戸を 打つ風 秋の音となり

月電灯

 

日日是過去帳&今帳…9月27日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

日光カメラマン復活と思ったら、朝から小雨。さてさて何を撮りましょうと思っていたら、少し光が射しました。今日は何となく足元が撮りたくなり、地面をパチリ。苔の上にはこの間の台風で落ちた枝、緑の草、枯葉、そして奥の方には撮影してから気づいたのですが蝉の亡骸。足元の小さなスペースの中にもいろんなものがあります。もっと小さなレベルでは、どれだけのものが存在しているのでしょうか。蝉はすっかり何かの菌に包まれています。やがて分解されて、地球に還っていくんでしょうね。時には立ち止まって、足元をじっくり見てみるのも大切な時間かもしれませんね。

2005年9月27日

水撒きの 音さえ違う 秋の庭

2007年9月26日

木漏れ日の 影絵に居るか 赤とんぼ

9月27日

打ち水の まだ消えやらぬ 曇りの昼

2016年9月27日

もう鳴かぬ 蝉の眠れる 苔の上

earth

日日是過去帳&今帳…9月25日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

回復すると思っていた昨日のお天気は、シトシト雨でした。そして今日は待ちに待ったお日様。日光カメラマンも復活です(笑)いつも見えている庭をそのまま撮っただけですが、日が当たっているととっても美しく、葉一枚一枚が透明にきらめいているように感じます。晴ればかりだったら、当たり前の風景が、曇天が続いたことでその美しさを再認識することになる…何はともあれ、お日様お帰りなさい〜!今日はお向かいの劇場ベル・ヴィルさんでお話会。子どもたちの楽しそうな声が響く里山の秋。のどかで良い感じです。

2005年9月24日

畦道に咲き並ぶ曼珠沙華 彼岸の極楽の色を映す

2007年9月25日

萩の花終わった庭に 曼珠沙華咲く

2016年9月25日

子どもらの 笑い声咲く 劇場の秋

にわ

日日是過去帳&今帳…9月23日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

止まない雨はない…ということで、午後から晴れましたね!歩道にうっすらと映った自分の影…影を見たのも久しぶりの気がします(笑)。青空に白い雲!やはり良いですね。夕暮れには茜雲も出て、あ〜幸せという感じでした。週末に運動会を開催する小学校も多いようなので、ホッと一安心といったところでしょうか。順延は辛いんですよね〜。特にお弁当を作るお母さんにとって(経験談・笑)。写真は草の中にシュッと生える水引。これもまた、命名した方のセンスが素晴らしいですね。

2016年9月23日

日の差して ようやく出逢え 影法師

水引

日日是過去帳&今帳…9月22日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

お日様の顔をずいぶん拝んでいないような気がします。お彼岸ということで、朝から亀山まで実家のお墓参りに行きました。その時はチラリと青空が見えたので、このまま晴れに向かうと思いきや、どんよりと曇り空に…。庭の樹々たちもさすがに水分摂りすぎの感じですが、そのあたりの微調整は、上手くやっているのでしょうね。萩の花もすっかりお辞儀してしまいました(汗)カワイイキノコではなく、真っ黒な大きなキノコがニョキニョキ!森を通り越して密林に突入のヒビコレ庭です(笑)

2005年9月22日

秋雨に 幽かにけむる庭 虫の声さえ 今日は静かに

2016年9月22日

指折りて 片手で足りぬ 雨の日々

萩

 

 

日日是過去帳&今帳…9月21日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

今日も雨。シトシト雨。お日様の力を借りないと写真が撮れない日光カメラマン(笑)なので、さて本日の写真はどうしたものか?と書きながら、子どもの頃雑誌の付録にあった日光カメラというもをふと思い出しました。ある程度の年齢の方ならご存知なのではないでしょうか。今では考えられない素朴な遊びでしたが、その当時はそれなりに楽しんでいた記憶があります。ということで、本日も屋内写真。ヒビコレのカボチャランプをパチリ。昼間なのに夜みたい(笑)やはり日光カメラマンには、室内写真は難しい!

2005年9月21日

畦道に弾けた栗坊が 縁側に座りすまし顔

2007年9月21日

彼岸来て 光も風も 秋の色

2016年9月21日

真昼より 明かり灯れる 古き家

かぼちゃらんぷ

日日是過去帳&今帳…9月20日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

台風接近中。朝からの雨で、縁台も玄関先もびっしょり。少し風も出てきたようです。曇りガラスならぬ汚れガラスから庭の様子を撮影してみました。雨音だけが響く部屋ですが、時折小鳥の鳴き声が聞こえたりします。こういう時にいつも思うのですが、大雨や台風を動物たちはどうやってやり過ごしているのでしょうか?人間より本能が働く分、どこに行けばいいとか、ここなら大丈夫とか分かるのかもしれませんね。いずれにせよ、なるべく静かに通り抜けていただきたいものです。

2005年9月20日

望月が青く照らした庭先に 今日はひらりと枯葉舞い

2007年9月20日

飛行機の 影追う如く トンボ飛び

2016年9月20日

嵐来て ガラス戸の外 樹々踊る

窓

日日是過去帳&今帳…9月19日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

朝の間やんでいた雨がまた降り出したので、外の写真撮影は断念。部屋撮りにしようと思ったら、「こっち、こっち」と何かに呼ばれた気がしました。どうやら囲炉裏の自在鉤の鯉が呼んだようです。「まだ撮ってないでしょ。ほらほら!」とアピールしてくる鯉をパチリ。ということで、本日のヒビコレフォトギャラリーは、鯉のプロフィール写真(笑)このショットだけ見ていると、旅館っぽい?

2007年9月19日

昨日の青空 今日の雨雲 誰が心か 秋の空

2016年9月19日

火守りて 宙およぐ鯉 囲炉裏端

恋

日日是過去帳&今帳…9月18日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

雨の日曜日。いつもは規則正しく8時間睡眠(笑)で過ごしているのですが、先週は1日おきに宵っ張りのお仕事が入り、今朝も4時過ぎに帰宅。連休ではありますが、文章書きなどしながら家に篭っています。木々の葉や笹の葉に落ちる雨音と小さな虫の声、時折さえずる小鳥の声が、昼下がりの裏庭から聴こえてきます。これはこれで十分幸せ…。写真はカフェ・ヒビコレを手伝っていただいていたスタッフさんのお友だちがプレゼントしてくださった陶器の看板と、枯れ具合が凄すぎる椅子です(笑)

2007年9月18日

秋空の青に 飛行機の 白の映え

2016年9月18日

雨音が 眠り誘う 昼下がり

ヒビコレ

日日是過去帳&今帳…9月17日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

この二三日、晴れてはいるものの『あっ晴れ〜』という感じでもないお天気が続いています。そしてちょっと蒸し暑いですね。写真は9月の上旬の晴れた日に撮影したもの。いつもとは違う離れ側からの目線で撮ってみたら、緑しかない世界…庭なんだか森なんだか(笑)この夏は草抜きしない宣言?で放置した裏庭は恐ろしいことに(汗)そろそろ栗が落ち始める頃、裏庭をなんとかしないと今年は栗も拾えません〜(涙)

2005年9月17日

風に乗り かすかに聞こえる運動会の音 軽やかなリズムに合わせて 店仕度

2016年9月17日

草草の 命の力 いかほどぞ

日向森