月別アーカイブ: 2016年9月

日日是過去帳&今帳…9月16日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

気づけばもう9月も折り返し点を過ぎていました!ついこの間、夏休みが終わったばかりの気がするのですが…確実に日々は流れ、季節は移って行っています。そんな流れゆく時の中で、そこだけ時が止まったような場所があります。ヒビコレの文机の上もそんな場所の一つ。広げられたお気に入りの本、花を挿さぬままの花器…。でもよく見ると土壁の粉が落ちていたり、やはりそこでも時は刻まれているようです。開かれた本は、グレゴリー・コルベール監督の映画『アッシュ アンド スノー』の関連書籍。10年くらい前に東京で観ましたが、私の人生観に大きな影響を与えた映像の一つです。

2005年9月15日

昨日まで涼しさ映した露草が 今朝の秋風に震える

9月16日

春が来て嬉しかった 夏になり楽しかった 秋が訪れやはり嬉しい

2007年9月15日

夏の名残 禊ぐが如く 雨の降る

2016年9月16日

命なき 物の中にも 時流る

文机

日日是過去帳&今帳…9月14日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

毎年この時期になると思うのですが、彼岸花がいつの間にか咲いているんですね。お彼岸の頃に咲く花だから、昔の人が彼岸花と名付けたのでしょうが、ちゃんとその時期に咲くということ、当たり前なんだけどすごいな〜と。どの花でもそうなのですが、名前のせいなのか花にインパクトがあるからなのか、特にそう感じます。子どもの頃は『舌曲がり』と呼んでいましたが、思春期の頃に覚えた『曼珠沙華』という名前が一番好きです。漢字や響きが何かしら物語を秘めたものをイメージさせてくれて、『マンジュシャゲ』と口にするとちょっと大人になった気分がしたものです(笑)ちなみに方言のものを合わせると別名が1000個くらいあるそうですよ。

2005年9月14日

裏庭に落ちた 柿の実 猿の如くに 割ってかじる

2007年9月14日

一雨ごとに 夏の気配の 遠のいて

2016年9月14日

露草を かき分け伸びる 彼岸花

曼珠沙華

日日是過去帳&今帳…9月13日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

とりあえず庭の椅子たちの真ん中に置かれている石臼。日々雨の雨を湛えて、完全に水鉢状態です(笑)大きな雨粒が落ちると大きな同心円が広がり、木々の葉から雫が落ちると小さな円を描き…なかなか面白い水面アートを見せてくれます。雨の日にコーヒーでも飲みながら、そんな水面を眺めてボーッとするひと時を楽しむ。裸足でお茶を楽しむ『アーシングカフェ』に続いて『モアレカフェ』?波紋は英語でモアレと言うらしいのですが、ネーミング的にはどうでしょうね(笑)

2005年9月13日

こぼれ落ちた ゴーヤの赤い種 夏の名残を照らす 秋の陽

2007年9月13日

時折鳴くツクツクボウシ 往きし夏甦る

2008年9月13日

時を知り 咲く彼岸花の 不思議さよ

2016年9月13日

ただ落ちて 美しき弧を 描く雨

波紋

日日是過去帳&今帳…9月12日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

朝、お日様が顔を出していたので、外に洗濯を干したのですが突然の雨。慌てて洗濯を中に干し直しました。予報では今週はお日様はお休みモードの様…今度青空を仰ぐ時には、すっかり秋の空に変わっているかもしれませんね。写真は庭のキノコ。小さい秋 小さい秋 小さい秋見つけた〜♫という感じですが、実はヒビコレの庭には年中大小様々なキノコが生えています。一番豊作なのは梅雨時でしょうか。この赤いキノコなどは見るからに危険な香りがしますが、中には美味しそう!と思ってしまうルックスのものもあります。笑い転げて死んじゃうといけないので、食べてみたいという誘惑に負けることはありませんが(笑)

2007年9月12日

梢揺らす 風にも秋の 気配して

2008年9月12日

入道雲去り 空に綿雲の秋

2016年9月12日

秋庭に ボタンの如く キノコ生え

きのこ

日日是過去帳&今帳…9月10日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

日向にいると「ちょっと手加減してくださいな〜」と言いたくなるお日様ギンギンの青空。先日は、天の水鉢をひっくり返したような雷雨。「空の神様、中庸というものを忘れていらっしゃいませんか?」と申し上げたいところですが、「おや、それを忘れているのは、人間の方ではないのかね」と言葉が返ってきそうなので、やめておきましょう(汗)中国の哲学書の題名としても知られる『中庸』。ついでに意味を調べてみました。『中庸とは、過不足がなく調和がとれていること』だそうです。時には窓の外を眺めながら、自分が極端にブレていないか振り返ってみるとしましょうか(笑)

2005年9月10日

萩の花 一つ二つ 開き出し ツクツクボウシの庭に 秋を呼ぶ

2008年9月10日

もみがら焼く香 刈り入れの里

2016年9月10日

お日様も ご機嫌なるか 秋の空

網戸の世界

日日是過去帳&今帳…9月9日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

今日9月9日は五節句の一つ『重陽の節句』です。古来より縁起が良いとされる奇数の中でも、最も大きい陽数=9が重なることから重陽と呼ばれるようになったとか。菊に長寿を祈る日でもあり、菊を愛でる、菊酒を交わすなど、なかなか洒落た行事だったようです。でも、新暦では、菊どころかまだ夏の名残の花の時期ですね(笑)写真は玄関の傘立ての影。東からの朝の光が作り上げたアートです。刻々と移り行く太陽によって、庭にいろいろな影絵が描かれます。

2005年9月9日

草刈りの音が 日向の匂いを運ぶ 初秋の畑

2008年9月9日

秋茜舞い 焦って鳴くは 蝉の声

2016年9月9日

光射し 新たなカタチ 生まれ来る

光と影

日日是過去帳&今帳…9月8日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

夜半に雨は降りましたが、台風13号は温帯低気圧に変わったそうで、美里町は朝から時折日が差す曇り空です。昨日も昼間ちょっと蒸し暑くて「残暑ざんしょ」なんて、独り言をつぶやいておりましたが、今朝、犬の散歩帰りに庭を見ると、榎の木が茶色くなり始めていました。蝉の声から虫の音にいつの間にか代わり、木々が色づき始め、少しずつ秋色に染められているようです。それにしても、お日様パワーがないと、外写真がイマイチ(笑)

2005年9月8日

台風で 空気のセロファン一枚剥がれ 山も空も鮮やかに

2007年9月8日

白露来て まだ夏雲の 湧き立つ今日

2016年9月8日

知らぬ間に 秋の気配が そこかしこ

門と木

日日是過去帳&今帳…9月7日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

カフェ営業中、お一人様やカップルに人気のあったカウンター席。今回の事務所倉庫リノベーションで、石臼と同じく倉庫から出されることになったもう一つの長机が、ある日突然隣に並べられておりました。二つ並ぶのはいかがなものか?私の美的感覚的には右側は空間のまま開けておきたいと、当初文句を言っていたのですが、モノというのは不思議なもので、一旦そこに居場所を得ると、すぐに馴染んでしまいます。右側の新参モノも「以前からここに居ましたよ〜」とヒビコレの一部に(笑)さて、どうしたものかと、こちらも思案中の一件…。

2005年9月7日

葉の上に光る 水の玉は 白露の露か 台風の置き土産か

2007年9月7日

台風の置き土産 蒸し暑い 名残の夏

2016年9月7日

縁側に 人待ち顔の 椅子並び

カウンター

日日是過去帳&今帳…9月6日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

雨上がりの庭に出て、ツワブキや萩の辺りで写真を撮り始めたのですが、ヤブ蚊の攻撃を受けて断念。ということで、久しぶりに裏庭に焦点を当ててみました。裏庭も同様に蚊が多そうなので、窓越しにパチリ。表以上に放任状態なので、庭というより里山の一角みたいに…。尾根からチョロチョロ水が流れている溝に、ワサビでも植えてみようかという案が遥か昔にあったような(笑)2005年のウタはの「お転婆娘」は、アメリカの台風が女性名だからです。これはわかりにくいので、初註釈入り(汗)

2005年9月6日

お転婆娘のいたずらか 小さく過ぎる様に祈る 秋の嵐

2008年9月5日

天の水瓶尽きぬ 禊の日々か

2008年9月6日

天にお日様笑う 当たり前の ありがたさ

2016年9月6日

人の手の 入らぬ庭の 緑濃く

裏

日日是過去帳&今帳…9月4日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

台風の影響でしょうか、夜中に雨音が響いておりました。朝、雨上がりの庭に出てみると、一夜にして石臼が水を湛えています。覗き込んでみると、自分の姿こそ映りませんが、樹々を映し出していました。今は、青空も顔を見せるお天気ですが、今後のお天気が気になりますね。美里町では、もうほとんど稲刈りを終えていますが、これからの地方も多いと思います。丹精込めて育て上げた稲や農産物が護られますように。今日気付いたのですが、2008年の夏休み明けからの過去帳が9月2日分からありましたので、一挙公開(汗)今日のウタは、石臼が…シリーズ(笑)

2008年9月2日

青空に 雨の禊か 店の二学期

2008年9月3日

龍神の 暴れ足らぬか 夏過ぎてなお

2008年9月4日

笑い顔の 一日もたぬ お日様か

2016年9月4日

石臼が 雨を湛えて 水鏡

mizukagami