月別アーカイブ: 2016年11月

日日是過去帳&今帳…11月30日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

霜月も今日が晦日。明日からいよいよ師走ですね。朝方お日様が顔を出していたので、暖かい日になるかと思ったのですが、お昼前の今、すっかり影ってしまって曇天が広がっています。庭の写真も鈍色。お日様の力を借りられないので、日光写真家としては大いに困ってしまいます(笑)昨日まで、台湾から来日のアーチストさんたちや、旅の音楽家の友だちがヒビコレに滞在。十数名で賑やかに鍋を囲みました。ギターが奏でられ、台湾語、日本語、女将のスーパーブロークンイングリッシュなどが飛び交うインターナショナルな時間でした。今日はひっそりとしているヒビコレ、紫陽花の枯れ花の向こうに広がる庭も何だか寂しげです。

2005年11月29日

木枯らしの庭 落ち葉の絨毯でお出迎え

11月30日

赤黄紫 北風が織り上げた 落ち葉の絨毯

2007年11月28日

十二月の声聞く頃に 紅葉色づき

11月29日

風なくて 時も止まった 晩秋の庭

11月30日

冬支度 急げとばかり 枯葉降る

2016年11月30

抜け落ちた 紫陽花の色 秋寂し

ajisai

日日是過去帳&今帳…11月27日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

小糠雨の降る日曜日のお昼前。M-PADに続き昨日の『ゆめのたねいっとく祭り』でのブース出展も無事終了し、久しぶりにのんびりとした気分の休日。先日は大勢のお客様で賑わったヒビコレですが、今日は週末に下宿から帰ってきた息子の勉強スペースと化しています。ストーブに模様ガラスの窓そして坊主頭の学生。なんだか昭和のワンシーンみたいで、パチリと一枚撮ってみました。

2005年11月27日

行楽の秋も過ぎ 空も冬支度

2016年11月27日

ストーブの 燃ゆる古家の 期末前

ストーブと息子

 

 

日日是過去帳&今帳…11月25日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

朝日を浴びる紅葉が美しかったので、逆光でパチリ。朝日と言ってももう8時を過ぎておりましたが、まだ太陽の位置が低いので影が長く伸びています。青々としていた葉が黄色く色づいていくもの、赤みを帯びていくもの、茶色くなるもの、そして緑葉のままのもの。この時期の庭は、晴夏の色彩の華やかさや鮮やかさとはまた異なる深みのある色彩を楽しむことができます。黄色と茶色は、そろそろ切った方がよいであろう枯れた紫陽花の花や萩の葉などなのですが(笑)

2005年11月25日

裏庭の 栗のケーキを食しつつ 過ぎ行く秋を思う

2016年11月25日

秋色を 織りなす庭に 朝日差す

朝もみじ

日日是過去帳&今帳…11月24日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

昨日と今日で、22日のM-PADのお片づけを少しずつ進めています。机や小物を元に位置に戻したり、大鍋を小屋にしまったり。写真の自在鉤もその一つ。囲炉裏の部屋が当日の料理盛り付けスペースになるために、自在鉤も外に追いやられていました。日頃薄暗い囲炉裏の上で、中に浮いている自在鉤の鯉。二日間たっぷりと外の空気を堪能してきたでしょうか?鯉の中には修行を積んで龍になるものもいるとか…この鯉もいつか龍になるのかな?でもちょっとお顔が可愛らしすぎるかもしれません(笑)本日のウタは百人一首にかけて五七五七七でいってみました。

2005年11月24日

刈り込まれ 坊主になった山茶花の樹にも 花二つ

2007年11月24日

三連休 中日も静か 秋深し

2016年11月24日

囲炉裏端 宙を泳いで 何思ふ ゆくへも知らぬ 鯉の道かな

龍になる鯉

日日是過去帳&今帳…11月23日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

穏やかな秋の日の昨日、M-PAD2016@Hibicore『林英世 女人源氏物語』の公演が無事終了いたしました。演者の林さん、M-PADのスタッフの皆様、お越しいただいたお客様そしてチームHibicoreの皆様、本当にありがとうございました。林さんのひとり語りを私も拝見させていただきましたが、Hibicoreが源氏絵巻の世界に染められていく様でした。ひと時、会場に居た方それぞれの脳裏に、雅でありながら情念の滲み出る物語が描かれていたのだろうと、鳴り止まないお客様の拍手を聞きながら感じました。M-PADはHibicoreにとって年に一度の文化祭の様なもの。この日のために元スタッフが駆けつけて手伝ってくれます。日頃はひっそりとしている古民家も、この日は総勢80名ほどの人の出入りで賑わいました。きっとこの家も、皆様に来ていただいてありがとうと言っていることと思います。写真はお品書きを作った材料。こういう手作りも文化祭のノリ(笑)

2005年11月23日

働ける 今日に感謝しつつ 秋空の下 暖簾掛ける

2007年11月23日

新嘗祭 ただの休みと なりし今

2016年11月23日

空蝉の 想い宿れる 語り部か

扇

日日是過去帳&今帳…11月22日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

本日いよいよM-PAD2016@Hibicore、林英世さんの『女人源氏物語』の公演開催です。
ありがたいことに雨も上がりました。ただ置き土産にたくさん葉を落としていってくれましたが…昨日葉いたばかりなのですが(涙)まあ、落ち葉も秋の風情のうちとしておきましょう(笑)お越しいただく皆様、お会いできるのを楽しみにしております。

2005年11月22日

外に野火 内に火鉢の 煙昇る

2007年11月20日

どんぐりの梢でスイング 小鳥のリサイタル

11月21日

珈琲豆 煎る香のせて 雲まで運ぶ風

11月22日

風の音 耳の中にも こだまして

2016年11月22日

秋雨の 置き土産なる 濡れ落ち葉

雨落ち葉

日日是過去帳&今帳…11月19日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

黒豆ぜんざいに添える木の匙。数を把握するためにザルに。種類もマチマチで陶器のスプーンも紛れているのはご愛嬌。M-PADに向けて毎日チョコチョコといろんな作業を進めていきます。「これはどうだっけ?あれはどうする?」と、カウントダウンスケジュール表とにらめっこの日々です(笑)

2016年11月19日

年月を 重ねて匙の 丸み増し

さじ

日日是過去帳&今帳…11月18日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

今日は曇り日。昨日はお日様の光を受けてキラキラ輝いていた庭も、今日はひっそりと静か。お日様があるかないかで、庭のイメージもこんなにも変わるんですね。トーンの落ちた風景の中で目を引くのが赤みがかってきた紅葉。こういうお天気の時の方が鮮やかに見える気がします。22日のM-PAD@Hibicoreのティータイムにお越しいただくお客様をお迎えする頃には、もう少し色づいているかもしれません。

2005年11月18日

水撒けば 乾いた音の秋の庭 どこまで積もるか 枯葉の雪

2016年11月18日

お日様に 代わりて燃ゆる 紅葉の葉

もみじ

日日是過去帳&今帳…11月17日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

11月22日開催のM-PAD2016@Hbicoreまで一週間を切りました。昨日はお膳や食器類の確認作業。倉庫から出してきたお膳のホコリを払うために縁台にずらり。日頃の食事では使わない物なので、一年に一度秋のこの時期だけ日の目を見ることがでる器たち。明治の作なのですが、年月を感じさせない美しさです。作者の『忠』という名が記されているので、スタッフたちの間では『忠さん』という名で通っています(笑)

2005年11月17日

亀虫の生り年か 目出度い名でも 嫌われて

2007年11月17日

いつまでも 青春のままか この秋の紅葉

2016年11月17日

塗りの膳 秋の陽浴びて 艶やかに

盆

日日是過去帳&今帳…11月16日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

暖かい11月やな〜などと昨日話していたら、今朝は冷たい風。庭の樹々がザワザワと、ヒビコレのガラス戸もガタガタと音を立てています。今日は11月半ばらしい寒い日になりました。とは言うものの久しぶりのお日様に照らされて、日の当たっている庭はあったかそうに見えます。ツワブキの葉に頭を突っ込んでいるのは、長年の風雨に晒されて錆び錆びになってきた番犬。光が当たっている鼻先だけ日向ぼっこ(笑)

2005年11月15日

カサカサ 音たて揺れる木漏れ日 11月も半ば

2007年11月14日

小春日の心 羽毛の如き 雲に抱かれ

11月15日

陽を受けて 蜘蛛の巣キラリ 絹の糸

2016年11月16日

鉄の犬 気持ちよさげに 朝日浴び

いぬ