月別アーカイブ: 2016年12月

日日是今帳…12月31日

古民家Hibicoreの女将の『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

平成28年、2016年の大晦日がやってきました。29日にアップした注連縄の続きです。結局30日に飾ることはできませんでしたが、今朝から玄関周りを掃除。と言っても長柄のほうきで蜘蛛の巣を払うくらいですが、ほうきの届くところは、煤払いならぬ蜘蛛の巣払い終了。昼間電気が消えている時にはとてもみすぼらしかった丸い外灯も、少しきれいになりました。そして飾った注連縄は、プラスヒビコレオリジナル。向かいのギャラリーが蘇民将来のお札付きなので、日日是好日札を付けてみました(笑)そしてその他は大掃除らしきものもできずに終わるな〜と思っていたら、黒豆を浸していた鉄鍋を傾けてしまってコンロと床に水が(涙)。一年間お世話になったヒビコレキッチンの床ぐらいは、拭き清めておきなさいという、神様のおぼしめしでしょうか。煮物くらいですが、おせちの準備もこれから(汗)焦ってもしかたがないので、できることを楽しんでやるといたしましょうか。それでは、みなさま、今年一年『ずれずれなる女将のブログ』にお付き合いいただき、ありがとうございました。佳き新年をお迎えくださいね。新年も合言葉は『日日是好日』です!

2016年12月31日

注連縄も 青き香りの 大晦日

日日是注連縄

日日是今帳…12月30日

古民家Hibicoreの女将の『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

暖かく晴れ渡った昨日とは打って変わり、今降ってはいないものの時雨でも来そうな空模様です。昨日は外に居てもあまり寒さを感じない餅つき日和でした。美里の『サルシカ基地』と亀山の『月の庭』の餅つきを梯子。さすがに亀山はつき終わっていましたが、外かまどの火に当たりながらおしゃべりを楽しんできました。大勢が参加するお餅つきでは、いろんな味のお餅がいただけるのがいいですね。定番の味と新しい味をお腹いっぱいいただきました。今日の写真は石臼。一度だけHibicoreの餅つきで活躍したものの木の臼に主役の座を奪われて、物置の隅に眠っていましたが、この秋に庭のオブジェとして復活。昨日の朝の写真ですが、薄氷が張っていました。もみじの落ち葉がたまっているので、琥珀色のゼリーの様です。黒糖味?紅茶味?いずれにしても食べきれないサイズです(笑)

2016年12月30日

石臼に 氷の張りて 誰滑る

氷

日日是今帳…12月28日

古民家Hibicoreの女将の『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

寝室の外が明るかったので、今日は外干しできるぞと思って洗濯機を回してみたら、雪。落ちて溶けるので積もる様な雪ではなく、すぐに止んで犬の散歩にも行けましたが、手袋無しだと手先がキンと冷たくなる感じ。冬らしい凛とした空気は好きなのですが、やはり寒いですね。雪も止んだし干そうと思ったら、今度はみぞれになり、あられになり。写真はパラパラと音を立てて庭に落ちるあられ。陶器の『意味無しまん丸くん』も寒そうです(笑)今はまた晴れ間が出ていて、そうすると外に干したくなる…今日は里山の気まぐれな天気とにらめっこしながら、出したり引っ込めたりの一日かもしれません。と、パソコンのキーを打っている薬指と小指がかじかんで動きが鈍い(汗)

2016年12月28日

あられ降り 抹茶に砂糖 苔の庭

あられ

日日是今帳…12月27日

古民家Hibicoreの女将の『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨夜からそぼ降る雨。お日様が薄っすらと雲の向こうに透けて見える瞬間もあるので、もうそろそろ止む?と思うのですが、まだシトシト降っています。クリスマスが終わってから、29日頃に世間が仕事納めを始めるまでの3日間は、ちょっと不思議な時間の様に感じます。年の瀬ではあるものの社会の動きは平常モード。gallery0369の展示も年内は昨日で終わったので、来客の予定もなし。こんな日は何をしましょうか…大掃除かなぁと思いつつ、結局は溜め込んだ経理作業に追われそう。今年も正月支度は大晦日の夜にギリギリ間に合うか?ということになりそうです(笑)

2016年12月27日

年の垢 禊ぎ流すか 師走雨

雨

日日是今帳…12月26日

古民家Hibicoreの女将の『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

クリスマスの昨夜は、お向かいの劇場『テアトル・ドゥ・ベルヴィル』さんで、幻燈会が開催されました。大岡英介さんと村林友子さんの音楽が流れる会場で、写真師 松原豊の『シベリア鉄道の旅 2004冬』の写真が上映されました。暖冬とはいえ、里山の冬の夜はシンシンと冷え、幻燈会は厳冬会でもありましたが(汗)45分間のユーラシアの冬の映像をリアルな寒さを体験しながら鑑賞いたしました。上映後は、ヒビコレで鍋パーティ。キンキンに冷えた体を温めていただきました。写真はおでんと水炊きがなみなみと入っていた鍋。実は、あと2鍋ありました。クリスマスの夜はやっぱりおでんですね(笑)

2016年12月26日

大鍋が 日向ぼこする 宴の後

鍋

日日是今帳…12月25日

古民家Hibicoreの女将の『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日の日付で、過去の営業日記に記したヒビコレ看板の『ウタ』が終了しました。そこで今日から『日日是今帳』として、リニューアル?スタートです。クリスマスの今日も昨日に続き穏やかなお天気です。子どもの頃はホワイトクリスマスに憧れましたが、今はむしろイベント時には、雪が降りませんようにと願うように。人間とは本当に自分勝手な生き物ですね(笑)今日は、クリスマスですが、地元の農産物販売所ではお正月のお花がたくさん並んでいました。お手頃な葉牡丹があったので、玄関用に一つ購入。一週間後には元旦を迎えるんですね。今年こそは大掃除ができるのか?そいういえば年賀状とかいうものもありましたね(汗)

2016年12月25日

陽を浴びて 葉牡丹笑う 暮れの朝

habotan

日日是過去帳&今帳…12月24日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

突然降り出した昨日の雨も上がり、お日様が顔を見せてくれたクリスマスイブの朝です。キリスト教でもない多くの国民がこぞってなぜこんなに盛り上がるのか…と、若き頃には斜に構えていたこともありました。と考えつつもケーキは食べてましたが(笑)でも、新しいことをどんどん取り入れて、楽しむことに長けているというのも、また良い国民性なのかもしれないと思う今日この頃。そして古民家にもクリスマステイストをちょっぴり。いただきものの手作りリースと、VOLVOXで購入したシロツメクサのリースです。素朴さと可憐さが、土壁にも合っているような…。実は日日是過去帳、2005年の12月23日分をもってノートの板書は終わっています。あらあら〜という感じですが、『今日のウタ』で続けさせていただきたいと思っていますので、これからもお付合いいただければ嬉しいです。それでは素敵なクリスマスイブの一日をお迎えくださいね。

2016年12月24日

古き屋も リースの掛かりて 聖夜来る

リース

 

 

日日是過去帳&今帳…12月23日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

暖房器具が必要ないくらい暖かな日。青空に白い雲がモクモクという朝でしたが、午後から急に雨が降り出しました。パラパラと大粒の音。冷えた日だったら雪になったかもしれませんね。写真はヒビコレの門を飾る黒板です。いつもは@古民家Hibicoreと書かれている黒板ですが、今日のお役目は、駐車場前の事務所倉庫に本日オープンした『gallery0369』の案内看板です。午後1時オープンギリギリまで準備がかかりましたが、いろんな方のお世話になり、なんとか無事開場できました。写真師 松原 豊の写真展『EURASIA』は今日から12月26日までと1月6日から9日まで開催しています。年末年始のお忙しい時期ですが、ちらりと息抜きにお越しくださいね。

2005年12月23日

雪雲消えて いつもの暮らし 戻り来る

2016年12月23日

目を引くは 板書の青か 冬の庭

kanban

 

日日是過去帳&今帳…12月22日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

昨日は冬至。冬至と言えばカボチャに柚子。カボチャはカレーの具材として使用。そして柚子をたくさん浮かべた柚子湯…といきたいところですが、手元に柚子が二つしかなかったのと、もったいないので一つを半分に切って浮かべたケチケチ柚子風呂。見た目はレモン風呂の様でしたが、カットしたので柚子の香りはしっかり楽しめました。冬至明けを待っていたかのような今朝の雨。雨が止んでいる間に犬の散歩に出かけると、近所のおばあさまが畑から二十日大根を抜いてくれました。まさに採れたて!ありがたいことです。それにしても『ハツカダイコン』という呼び名を久しぶりに聴きました。最近はラディッシュと呼ぶことが多い様な気がします。芽が出てから20日ほどで食べられるという『二十日大根』の方が、野菜自体のイメージはしやすいのですが。2005年の今日は大雪で、14名の予約がキャンセルになった日。なので、以下の様なウタで嘆いております(笑)

2005年12月22日

雪雪雪 自然の力思い知り

2007年12月22日

終止符打つ 今日が終わりの始めなり

2016年12月22日

陽に代わり 大根の紅 輝けり

二十日大根

日日是過去帳&今帳…12月21日

過去のカフェ営業中に看板に記した『ウタ』と今日の『ウタ』でお送りする『ずれずれなるままに…』

今日は冬至ですね。冬至の朝日を浴びると良いということで、数年前までは伊勢に前泊して、内宮の宇治橋から昇る太陽を背に浴びるのが恒例でした。しかし、今ではやや高くなった太陽を拝んでいるという堕落の日々?です(笑)そんな冬至の光を浴びていた山茶花の樹をパチリ。逆光ですが、散った花も美しいです。秋の終わりから春の初めまで、次々と花を咲かせてくれる山茶花は、ヒビコレのピンククイーンです(笑)カボチャを食べて柚子湯につかり、みなさま、佳き冬至の一日をお過ごしくださいね。

2005年12月20日

雪消えて 子どもはがっかり 大人は胸なでおろし

12月21日

風が無い もうそれだけで贈り物

2007年12月20日

十二月の光柔らかく ガラス窓の宝石輝き

12月21日

サボテンの花咲き迎える クリスマス間近

2016年12月21日

山茶花の 散って美し 冬至庭

冬至