月別アーカイブ: 2017年1月

日日是今帳…1月31日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

睦月もいよいよ晦日を迎えました。暦を見て「早!」と思った方も多いのではないでしょうか?春の始まりを感じさせる様な雨が降った昨日ですが、今朝はまたグッと冷え込んできた感じがします。それでも散歩に出かけると、一歩一歩近づいてきている春の気配に出会います。良い香りに誘われて、ご近所の庭を見ると蝋梅の黄色い花が満開でした。別のお家では白梅が二分ほど咲いていました。春の始まりを告げる梅の花。実はヒビコレの庭にも蝋梅の木があります。蝋細工の様な花がとても素敵だなと思い、十年以上前に植えました。写真はその蝋梅の木です。どうみても枯れ木。どこのお庭でも今満開の蝋梅ですが、花の一つも咲いておりません(涙)何年か前に一度だけ一、二輪花を咲かせたことがあるので、蝋梅の木には違いないのですが。花は咲かせないものの夏場は緑の葉を繁らせてくれるので、伐るわけにもいかず…。でもこの時期にはついつい他所の木と比べてしまうのでした。それにしても今日の写真は寒々しい(笑)

2017年1月31日

花咲かぬ 蝋梅もまた 命あり

蝋梅

 

 

日日是今帳…1月30日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日からの雨がまだ降り続いている美里町。久しぶりに犬の散歩に行かない朝です。風も少し出てきて、時折ヒビコレのガラス窓をガタゴトと揺らします。住まいの窓はサッシなので、同じ様に風が吹いていても気づきません。雨や風の感じ方も建物によってずいぶん変わるんだなと改めて思いました。写真は先日も紹介したヒビコレの『シンボル苔』です。晴れた日に真上から撮ってみました。直径十数センチの苔ですが、小さな森の様にも、シダ類の群生の様にも見えます。マクロの世界、ミクロの世界、相似の世界…自然の形をじーっと見ていると、不思議でとても面白い世界に出会うことができます。苔の間にジャングル探検隊人形でも置いてみようかな(笑)

2017年1月30日

雨音も 近く聞こえる 古家窓

苔鉢

日日是今帳…1月29日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日のことになってしまいましたが、28日は旧暦の元旦だったんですね。ひと月遅い新年は、暖かい穏やかな一日でした。旧暦でお正月をお祝いしていたころは、まさに『新春』とか『初春』という飾り言葉が似合う気候だったのかもしれないですね。それまでの旧暦に替わって新暦が施行されたのは、明治6年だそうですが、当時の方々はどう感じていたのかなと思ったりします。長年体感として刻まれてきたリズムが、突然ひと月近くずれてしまうことにとまどったのではないでしょうか。最近は旧暦のリズムを取り戻す暮らし方にシフトを変える人々も増えているようです、新旧二つの暦を持つ私たちの最大のメリット…それは、新暦のお正月に抱いてくじけてしまった志を旧暦のお正月に再スタートできることでしょうか(笑)さて、今日はどんな初夢を見るでしょうか?写真はシダが演出する庭の影絵。これから春、夏に向かうにつれて少しずつ濃くなっていきます。

2017年1月29日

お日様が 織り成す庭の 影絵かな

影絵

日日是今帳…1月27日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝の冷え具合を確認する幾つかのチェックポイントがあります。定点観測地の石臼の氷、霜、窓の結露。そして身体的には、散歩時に鼻がツーンと痛い手先が痛いなどです。今日は氷、霜は観測できました。手先は痛かったけど、鼻が痛いほど空気が冷えていない。結露はできていなかったという感じ。結露は前夜の部屋の温度具合にもよるのかなあなどと考えてみたり。スマホをシャーッとすれば、なんでもすぐ数値でわかるのですが、自分なりの寒冷度測定もなかなか面白いのです。写真は昨日のエノキの別の幹。寄り添って立つ万両の実はすっかりなくなっていました。数日前までは赤い可愛い実をぶらさげていたのですが、庭中の万両の実がすっかりこの状態。小鳥のご飯になったんでしょうね。人間も食べられるのかなあ?などと思う朝(笑)

2017年1月27日

万両の 実の無くてなお 可愛らし

万両

日日是今帳…1月26日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今朝は霜が降りていました。小さな草の輪郭を覆う白い小さなツブツブの世界は、素敵なアート。道端の霜アートの植物を見ながら、散歩を楽しみました。小寒の日のことはブログで書きましたが、大寒の日が抜け落ちており、あれ?そういえばと思って調べたら、20日でした。先週雪の日が続いたのは、大寒にドンピシャだったんですね。写真はそんな寒さの中で、どっしりと立っているエノキ。昨日も「植物はどうしてこんな寒さの中にずっと立っていられるんでしょうね?」という会話をしていたのですが、植物の体感ってどうなっているのでしょうね。寒い〜!とか思っているのでしょうか?話ができればいいのになと思う反面、植物の声が聴こえてたら、反省の日々になりそう。「喉が渇いてるぞ〜!また水忘れてるだろう〜!」とか、毎日言われそうです(汗)

2017年1月26日

冬庭に 立ちて年の輪 また一つ

樹

日日是今帳…1月25日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は三重県を南下して、尾鷲・熊野方面で青い海原を眺め南の光を浴び、しばし雪のない世界で過ごしました。そして今日は北上して東員町方面へ。日の当たらないところには、まだまだ分厚い雪が残り、山々も白化粧の状態でした。縦に長い三重県ならではだなぁと感じた2日間でした。ということで、朝からと遠出をしていたのでブログアップが夜に。今日の写真のテーマは『化石』。ヒビコレ庭の敷石の一つに化石が見られるものがあります。貝のようなものでしょうか?今では想像もつきませんが、大昔はこの辺りも海だったそうで、柳谷という地区には貝石山もあります。敷石がどこから来たものなのかわかりませんが、化石であることを忘れられて、毎日踏まれています(汗)ヒビコレにお越しの時は、探してみてくださいね。

2017年1月25日

敷石に 海の名残りぞ 貝の跡

化石

日日是今帳…1月24日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

予想外の雪で(単に天気予報を知らなかっただけ?)今朝はどうなっているかと思ったのですが、家の前を通る国道はすっかり雪も溶けていつもの様に車が走っています。散歩道も先日の雪の朝の様に凍ることもなく、普通に歩ける状態でした。道路脇に積もった雪を見ながら、どうして雪の粒がキラキラ輝くのだろう?犬はどうして冷たい雪の中に鼻を埋めるのだろう?などと思いながら歩く朝。タイヤの跡、誰かの靴底の跡。毎朝通る散歩コースが、雪が積もっただけでワクワクする道に様変わり。わざとまだ誰も踏んでいないフカフカの雪の上に、自分の足跡を残してみたり…大人も少し子どもに返る(笑)生活リズムが崩れたり、大変な面もありますが、このワクワク感もたまにはいいかなと思ったりします。写真は昨夕の雪の中で撮ったヒビコレシンボルツリーのケヤキとエノキ。久しぶりに枝が華やかになりました。

2017年1月24日

今日だけの 白き葉まとう 冬の枝

雪の樹

 

日日是今帳…1月23日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

週末の天気予報は当たらなかったよ〜と、昨日のブログで書いたら、なんと今朝から美里町は雪。朝のうちは、風に吹かれた雪が散歩中の犬の背中に、発泡スチロールの様にくっつくのを面白いなと思って見ている程度でしたが、その後から少し雪の量が増えてきました。アスファルトと土は溶解度が違うのでしょうか、地面はすぐに白く染められていきます。空が明るいので、あまり大した降りにはならないだろうとは思うのですが。写真は雪が積もり始めた苔鉢。以前にも書きましたが、十年近く庭にいる苔で、その頃は子どもの手のひらにすっぽり収まるようなサイズでした。今は完全に鉢を覆い尽くしてしまい、可愛かった昔の面影はありません…というか、これ苔だったかなぁ?と、それさえも怪しい(笑)そして最近、この苔を見ると、空の彼方に消えていく『天空の城ラピュタ』を思い出します。

2017年1月23日

苔鉢の 小さき森に 雪積もる

雪盆栽

日日是今帳…1月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

週末雪到来?と心配していたものの今朝もとても穏やかな晴れ。庭にも柔らかな光が差しています。光だけ見ていると、もう春という感じです。昨日は引きで撮影したヒビコレ庭をご紹介しましたが、今日は寄り寄りで撮影してみました。クローズアップヒビコレ庭ナウです。被写体は、三年前の5月に伊賀の長谷園の窯出し市で購入した焼きもののオブジェ。若い作家さんのコーナーで見つけ、「これは何ですか?」とたずねたら、「意味のなものです」との返答。その『意味のない』という言葉と、なんともシンプルな姿が気に入って、連れて帰りました。以来庭の真ん中のツワブキの横で鎮座しています。『まん丸ちゃん』『意味なしくん』と命名して、一人でそう呼びかけています(笑)ドラえもんの顔みたいだった可愛い『意味なしくん』も、苔をまとってすっかり風格がでてきました(笑)今日もお日様の光を浴びて、ウトウトとしているようです。

2017年

焼き物が 石の上にも 三年目

iminisi

日日是今帳…1月21日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

夜半に雨が降っていたようで、朝起きて窓の外を見ると、雨上がりでキラキラしている庭。今日は住まいである離れの窓から見える庭を撮ってみました。この季節は手前の紅葉の樹が落葉しているので、見通しが良いです。ところで、このブログでお馴染み?の『スズメの樹』ですが、今朝は散歩中にお向かいの劇場『テアトル・ドゥ・ベルヴィル』さんの敷地で発見!梅かと思われる樹の枝の間に、たくさんのすずめが千成ひょうたんの如くに止まっていました。スマホを持っていなかったので、写真はないのですが「スズメが成っている!」という言葉がぴったり。その樹の真上には送電線があり、スズメたちは樹と送電線を行ったり来たり。どうやらこの二つの条件を兼ね備えて、なおかつ、畑や田んぼのあるポイントが『スズメのお宿』に選ばれているのではないか…などと考察しつつ歩くのんびりとした週末の朝でした。

2017年1月21日

もみじ葉の 散りて空見ゆ 冬の庭

朝