月別アーカイブ: 2017年5月

日日是今帳…5月31日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は夏日の陽気でしたが、今日は曇りで少し涼しく感じます。窓の外にモンシロチョウが飛ぶいつもと同じ様なのどかなお昼前ですが、ヒビコレは昨夜から韓国の劇団の方々をお迎えしており、韓国語、日本語、英語少々が飛び交うインターナショナルな世界に。昨日は初めてのハングル語を書いて、ウエルカム黒板を作成しました。昨年ハマった神代文字にも似ていて面白いなと思いました。日課の犬の散歩の途中で切り花をいただき、お向かいのダンサーさんからは、お庭で丹精込めて育てたバラをいただきました。五月最後の今日も佳い日。日日是好日です。

2017年5月31日

花の香を 載せて去りゆく 皐月風

hanahana

日日是今帳…5月29日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

そんなに空いたつもりではなかったのに気づけば前回の投稿は23日。ほぼ一週間ぶりの投稿になります。そんなええ加減なところも『ずれずれなるままに』(笑)。本日も気持ちの良い日。日暮れまで庭を眺めてぼーっとしていたいところですが、午後からはお仕事。家にいたとしてもあれをしなくちゃ、これもやってない〜!と、手を付け出したらキリがないことが山積みです。落ち葉だらけ、どこもかしこも草ボウボウ…家の外も中も片目をつぶって見ないと、やらなきゃいけないことプレッシャーに押しつぶされそうです(汗)とは言うもののそろそろ手を付けないと大変なことになることもあります。写真のツルもその一つ。どうやら樋に溜まった腐葉土から伸びてきているようです。前回は樋の上に真っ直ぐに植物が生えていましたが…。ヒビコレ名物『樋プランター』と言いたいところですが、梅雨が来る前に掃除しなくては!

2017年5月29日

蔓(つる)の根を 伝うてみれば 樋の中

といプランター

日日是今帳…5月23日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝は少し薄曇りのお天気でした。明日から雨模様の予報なので、このまま曇りで下り坂かなと思っていたら、ほど良く日が射したり翳ったりで過ごしやすい日になりました。PCに向かいながら庭を眺めると、目の前のシラキが、そよそよと吹く風に揺れています。丸い大きな葉を付ける割には枝が細く、葉が揺れるというよりは枝ごと揺れて、手招きをしているようです。同じ風を受けても樹によってその揺らぎ方はそれぞれ。ボーッと眺めてしまいます。意識を音に向けると、まるで会話をしているような小鳥のさえずりに、時おり聴こえるウグイスの歌。今日も好い日です。ヒビコレの庭は、日日是好日(笑)写真は先週の土曜日の朝に撮影したヒビコレ門。抜ける様な青空の下の瓦は、まさに甍(いらか)の波…『甍の波と雲の波♬』この『鯉のぼり』の作詞は作者不詳とのことですが、この歌詞のセンスはとても素晴らしいなと思います。

2017年5月23日

薫風に 踊る緑葉 誰招く

甍門

日日是今帳…5月21日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日も爽やかな日。今のところ昨日ほど日差しがきつくないかなと思うのですが、これから暑くなるのでしょうか。昨日のお昼前はヒビコレにお客様が数人いらしたので、ギターの音が流れる中、コーヒーを飲みながらおしゃべりしたりの楽しい時間を過ごしていました。昨日の午後にみなさんが帰られてからは、いつものひっそりとしたヒビコレです。実家が本家的な感じだったので、子どもの頃、お盆やお正月などに親戚が集まってにぎやかでした。でもやがては従兄弟たちも帰って日常に戻る…その時に感じていた寂しさというよりは、置いていかれた感?見送るより自分が帰る側になりたいなと、子ども心に思ったりしたものです。そんな甘酸っぱい寂しさを思い出す日曜日。でも一人も大好きなので、静かな日、にぎやかな日どちらも良し。まさに日日是好日ですね(笑)写真は駐車場の夏みかんの花。一つ開いておりました。

2017年5月21日

静けさも 我が友となり 日曜日

夏みかん

日日是今帳…5月20日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日は朝から日差しも強く、初夏を思わせる陽気です…と書きながら、初夏っていつからいつまでくらいを指すのか?と疑問に思い調べてみたら、5月上旬から6月上旬までを初夏と呼ぶという説がありました。あれ?ということはもう初夏を思わせる陽気という表現は間違いですね。夏を思わせる…と書くべきでした。長年文章を書くことを仕事にしてきたのに、なんと初歩的なミスでしょうか(汗)という週末の朝、犬の散歩から戻るとヒビコレ門の前にギタリストが二人。青空の下、緑の庭を背景にプチライブを楽しみました。昨夜ヒビコレでライブをしてくださったマリオさんと聴きにきてっくださったありんこさんのセッション。ぜいたくな朝のひと時。子どもから大人まで楽しめるマリオ&はるちゃんのライブは、大盛り上がりでした。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

2017年5月20日

ボサノバの 音色を乗せて 風渡る

玄関ライブ

日日是今帳…5月15日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今は降っていませんが、日が射したり翳ったり。こういう日は、外出前に洗濯を取り込むべきかどうか空とにらめっこ。庭の空気は湿っぽく、森感たっぷり。緑の勢いが良いのは樹々だけではなく、草々もグングン成長しています。毎日、昨日よりうんと背丈が伸び、草の量も増殖中です。草が生えているのは好きなので、個人的には草の庭になっても構わないのですが、お客様も通られる庭なのでそろそろなんとかせねばです。金曜日にはライブがありますが、間に合うかなぁ?夜だから勘弁してもらおうかな(笑)写真はユキノシタと同じ日に植えたパセリとバジル。真ん中は以前からあるローズマリーですが、オシャレな料理を作らないので活用の機会なし(汗)パセリ、セージ、ローズマリー&タイムならスカボローフェアの歌詞ですが、セージもタイムも使いこなせないと思うので育てません。バジルはパスタにしていただく予定。ヒビコレ食べられる庭計画進行中(笑)

2017年5月15日

西洋の 薬草育つ 和庭かな

パセリ

日日是今帳…5月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

5月ももう半ば。グーグルカレンダーをチェックする時や手帳を見る時など、毎日日付というものを意識して生活しています。この日日是今帳をのタイトルにも日付を書き込みますが、その時は特に月日の流れを感じる気がします。上手く説明できませんが、見て認識するという行為と、書くという行為は脳あるいは意識の違う部分に作用するような感覚です。で、今日なども5月14日と打ち込んで、ああ、5月ももうすぐ折り返しだ…。ついこの間ゴールデンウイークが始まったと思ったばかりなのに…。などと日付からいろんなことを思い浮かべたりします。昨日は結構雨が降りましたが、今日は薄曇りですが気持ちの良いお天気。朝、散歩コースの田んぼ道の真ん中で、ご近所のお婆さまに出会いました。手押しカートに腰かけて新緑の山々を眺めていました。何十年も暮らしてきた風景をどんな想いで見ているのでしょうか。写真はユキノシタ。いつか天ぷらにと思い、先日庭に植えました。

2017年5月14日

田んぼ道 老いた背に吹く 早苗風

ゆきのした

日日是今帳…5月11日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

曇り空の下、洗濯物を干していると樹の上からウグイスの透き通った鳴き声が聴こえてきました。少し湿った空気の中でその声を聴くと、自分が深い森の中に居るような感覚になります。里山に住み始めるまでは知りませんでしたが、ウグイスは春より初夏から夏にかけて活発に鳴くようです。家の周りのピンポイント観察の結果ではありますが(笑)春先は、ホヘヒョ、ヘキョとあまり上手とは言えない鳴き方ですが、夏に向かって声が通るようになり、ホーホケキョというお馴染みの歌を披露してくれます。ふと、ウグイスの季語は春?と思って調べたら、冬、春、夏の三つの季節で使えるようです。俳句に詳しくないので、使い分けのルールは知りません(汗)写真はこぼれ種で育ったらしい萩。カラカラに枯れても毎年新しく生まれてくる…やっぱり植物は不思議です。

2017年5月11日

薫風が 鶯(うぐいす)の歌 聴きに来る

萩

 

日日是今帳…5月10日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

これからの季節、雨が降る時だけできるヒビコレ紅葉門。普段は頭上にある枝が、雨の重みでグッと下がってくると、背の低い私でも通り抜けられないことになります。この紅葉門現象が起こるのは、春から秋の終わりの葉の茂っている時だけ。春でもまだ葉の少ない間は、雨が降っても枝は下がってきません。ここしばらくで葉の数が増えたんでようね。昨年よりも門の形が大きくなり、下がり方も強くなっているような…小さいと思っていた入口の紅葉も、年々成長しているようです。霧の様な雨が煙る里山は、幻想的な風景です。二十代の頃に中国の桂林の風景に憧れて、写真集を眺めていましたが、さしずめプチ桂林といった感じの今日の美里町です。

2017年5月10日

若もみじ 天の恵みに 頭(こうべ)垂れ

緑門

日日是今帳…5月8日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ゴールデンウイーク明けの月曜日。今日も優しい風が吹く爽やかな日です。朝の散歩時には雲ひとつない青空が広がり、南から北に、北から南に向かう2機の飛行機が雲の平行線を描いていました。田んぼの水鏡に映る山、家、空。湖に周囲の景色が映ることで景勝地と知られている場所は、全国に幾つもあると思いますが、そのミニ版といった感じでしょうか?田んぼの水面に映し出されるそれは、自然が撮った写真であり、描いた風景画であり…。そんなことを考えながら今日も緑の中のひと時を楽しみました。月の光や、街の街灯が映り込む夜の田んぼ鏡もまた美しいものです。この風景が見られるのは、苗が水面を覆い尽くすまでの期間限定。あとしばらく目を楽しませていただきましょうか。写真はヒビコレ駐車場のコデマリです。ケヤキの下でそよそよと風に揺れています。

2017年5月8日

飛行機が 図形を描く 五月空

こでまり