月別アーカイブ: 2017年5月

日日是今帳…5月6日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

子どもの日の昨日は『立夏』でもありました。暦の上では夏の始まりなんですね。今日は薄いシャツ一枚でも十分な陽気です。国道163号から一本中に入った田んぼのあぜ道が犬の散歩コースなのですが、見渡す限り緑、緑、緑。山々はもちろん、道の草、田んぼの早苗、その水面に映り込む山々の色。若草色、薄緑、緑青、若菜色、織部、草色、碧色、老緑…とてもここには記しきれませんが、和の色名の多様さは、この自然の美しさから生まれたのでしょうね。薄曇りのお天気なのですが、この季節、景色を眺めていると眩しく感じます。太陽の光が強くなっているというのもあるのでしょうが、植物たちの発散している光のエネルギーが眩しく見えるのでは?と思ってしまいます。たぶん歳のせいではないと思うのですが(笑)写真は夏みかんの皮干し。連休中干しているので、いい感じで乾きました。お風呂で使おうと思ったけど、きれいにできたので料理にも使えそうです。

2017年5月6日

目に青葉 庭に鶯(うぐいす) 立夏過ぎ

夏みかん

日日是今帳…5月5日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日は子どもの日。桃の節句の投稿で、家にお雛様がなかったので子どもの頃は、手作りの雛人形を飾っていたと書きました。兄がいるのですが、鯉のぼりもなかったので手作りしていました。どんなものを作っていたのかあまり覚えていませんが、大きな紙に絵を描いて輪っか状にしていた記憶があります。息子が産まれて五月人形は我が家にやってきましたが、当時借家暮らしだったこともあり鯉のぼりはご縁がありませんでした。『鯉のぼり』は、昭和に作られた歌と大正に作られた歌がよく知られています。昭和の『屋根より高い〜』はポピュラーですが、私は『甍の波と雲の波』というスケール感のある大正時代の歌詞が好きで、季節を問わず口ずさんでいます。と言っても一番しか覚えていませんが(笑)写真は鯉のぼりの代わりに若葉が泳ぐ庭です。ちなみに甍は瓦のことです。大きくなってから知りました(汗)

2017年

鯉のぼり 甍(いらか)も古語と 思う今日

緑葉

日日是今帳…5月3日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

薄曇りで始まった5月3日の朝。昭和の日の4月29日から5月5日までをひとくくりに、ゴールデンウイーク、連休と呼んでいると、あれ?今日は何の日だったっけ?と思ってしまったりします。今日は憲法記念日。ちなみに今の日本国憲法が昭和22年に施行されたのを記念に、翌年の昭和23年に公布・施行されたそうです。生まれた時からある祝日なので、さすがに憲法記念日は覚えていますが、大人になってから施行された祝日の中には、忘れがちなものも…明日のみどりの日も、2006年までは4月29日だったんですねと、これを書くために調べていて思い出しました。連休真っ只中ですが、今日は朝からお仕事に。ということで、珍しく朝の投稿です(笑)写真ヒビコレ駐車場のツツジ。ツツジとサツキもよくわからない。合ってる?

2017年5月3日

連休を 彩り燃ゆる ツツジ花

つつじ

 

日日是今帳…5月2日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ヒビコレ駐車場の一角に『馬小屋』と呼んでいる車庫があります。馬を飼っていた場所ではなく、木造の囲いに瓦屋根のその雰囲気が、昔の馬小屋や牛小屋っぽいかなと思い名付けただけなのですが。その小屋の裏に『イタドリ』がニョキニョキ伸びていたので、手頃なサイズのものを数本折り取って昨夜のおかずにしました。若すぎると食べるところがほとんどないし、たけてしまうと硬くて食べられないので、タイミングが大切です。皮をむいて塩水に漬けておいたものを、ゴマ油で炒めてみりんと醤油でさっと味付け。昨日は仕上げに七味を振ってみました。子どもの頃は『スイスイゴンボ』と呼んでいました。その名の通り酸味がきついのですが、自然の酸っぱさが癖になります。料理をして食べる方法を知ったのは、大人になってから。子どもの時は、道に生えいているものをポキリと折ってそのまま食べていました。この季節のほろ苦い思い出…いえ、ほろ酸っぱい思い出の一つというのでしょうか?写真の奥に写っているのが『馬小屋』です(笑)

2017年5月2日

イタドリを 食(は)んで歩いた 青い春

木漏れ日

日日是今帳…5月1日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

タイトルの日付を4月と打ち込んでデリート。今日から5月、皐月に入りました。5月は他にも早月と表記したり、早苗月と呼んだりするようですね。昨日はピッカピカのお天気でしたが、5月は曇りのち雨でスタート。朝は少し湿り気を帯びた風に心地よく吹かれて散歩を楽しみましたが、その後突然大粒の雨。慌てて洗濯物を取り入れました。サッと雨が降って止んだ後に庭に立ち昇る土の匂いと、鳥たちの声、田んぼのカエルの声。こんな日もまた良しです。と、書いていたらいきなり雷が鳴り始めました…ちょっとインパクトのある効果音(笑)写真は駐車場の入り口に咲いている花。秋に草と一緒に丸っと刈られたので、もうだめかなと思っていましたがちゃんと花を咲かせてくれました。で、名前は?数年前にお茶の先生に植えていただいたのですが、忘れました…草木が好きだというわりには、手入れも名前を覚えるのも苦手です(汗)

2017年5月1日

雷神の 太鼓と共に 皐月来る

すずらん?