月別アーカイブ: 2018年7月

日日是今帳…7月29日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

熟睡している間に台風が通過していました。庭も家も大した被害が無くてありがたいなと思っていたのですが、高田本山駅の近くに住んでいる義父から、夜中から停電が続いていると電話がありました。津市内の広域で停電とのことですが、復旧したのでしょうか。風は収まっていますが断続的に雨が降っているので、まだしばらく気をつけた方が良いかもしれませんね。台風が過ぎ去るのを待っていたかのように、庭のあちこちにカタツムリが出現。その美しい螺旋に見とれてしまいます。カタツムリの螺旋を調べてみると、黄金比、フィボナッチ数列の説明が出てきます。黄金比は美術の時間に習った記憶がありますが、フィボナッチ数列は聞いたことはあるけど難しそう(汗)ただ自然界のあらゆる部分に、その比率が見られるというのはとても神秘的なことで、畏敬の念を感じずにはいられません。カタツムリから自然界の神秘を思う台風明けのお昼のひととき。

2018年7月29日

嵐行き 庭の小枝に かたつむり

かたつむり

hibicore今帳…7月28日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝少し降っていた雨もお昼前の今は止んでおり風も無くて、今日本当に台風が来るのかな?という感じですが、予報ではこの辺りを通る様なので気をつけなければいけませんね。とりあえず縁台に出しっぱなしだった道具類だけ片付けました。先週から庭の樹を伐り始めました。まだ途中ですがずいぶん風通しが良くなり、庭に光が射す様になりました。樹を伐ってから初めての台風。風が吹いてみないとわかりませんが、もしかしたら少しは防風林の役割を果たしてくれていたのかもしれません。樹々の葉は庭に叩きつけるの雨の力をゆるめてくれて、その根で保水をしてくれて…。小さな庭一つとっても樹々たちの恩恵を受けています。もっと大きな世界でも私たちはそんな恩恵を受けながら日々をつないでいるのだと思います。今回、家を守るために樹を伐っています。しかしヒビコレの庭の樹々たちもまた多くの命が宿る家。むやみに伐るのはその棲家を奪ってしまうことになるので、伐るのは必要最低限でと考えています。写真は高さを抑えたシャラの樹にちょこんと座っている蛙さん。種類が違う様に見えるのですが、お友だちなのかな?

2018年7月28日

夏庭の 払いし幹に 蛙座す

kaerukaeru

ヒビコレ今帳…7月13日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ゆっくりと時間がとれた朝なので久しぶりにアップ。食と環境によるアレルギーや自然エネルギーの問題点などのお話を聴きに行ったりしている間に、気づけばもう7月も半ばに。月の初め頃に花をつけ始めたノウゼンカズラが満開になっています。南の国を彷彿させるこの花には、やはり青空が似合います。花を眺めながらふと脳裏に蘇ったのは、ネオニコチノイド系の農薬で60,000匹のミツバチが大量死したという記事。世界的に増えた太陽光発電や風力発電による気候の変動。ミツバチだけではない生態系の崩壊。今、私が見ている世界はこんなにも美しい。ただ、この世界を子どもたちに残したい。花が咲き、蛙の声や虫の音が聴こえる今日も好日です。

2018年7月13日

夏花に とこしえあれと 祈る朝

ノウゼンカズラ