月別アーカイブ: 2018年11月

日日是今帳…11月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

シラキの樹の紅葉に気をとられていたら、ツワブキの花が咲いていました。昨日、咲いているのに気がつきましたが、シラキのすぐ後ろにあるツワブキなのに見落としていたのが不思議です。人の目というのは、どいういう風に物事を映しとっているのでしょうか?見え方もですが、見えているものも人それぞれなのかもしれません。自分に都合良く、見たいものしか見ていないのかも(笑)目の前で風に揺れている黄色い花は、私が気づいたからそこに咲いているのか?それとも私の存在には関係なくそこに咲いているのか?などという哲学的なのか量子学的なのかわからない疑問が頭の中をグルグルと巡る朝。風は少し冷たいものの今日も秋晴れの美しい一日の始まりです。

2018年11月14日

秋深し 石蕗(つわぶき)の黄の 風に揺れ

ツワブキ

日日是今帳…11月11日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

前回の7日の投稿でアップしたシラキの紅葉。あの頃が見頃だったようで、この週末には葉が丸まり始めました。この間の雨に艶やかに濡れていた紅が、今年のシラキの美しい紅葉の終わりでした。庭の中央にあり、一番最初に色づくので紅葉観察対象となるのですが、「美しい紅葉だ。枯れ始めてしまった」などというこちらのつぶやきなど関係ないく、ただただ根を張り枝を伸ばしているだけなんでしょうね。今年の葉が落ちてもまた来年葉が茂る。落葉は樹の命の終わりではないけれど、どこか人の老いと重ねてしまう。人は老いて後にまた若葉が茂るということはないので、厳密には違うのですが、枯れ落ちた後にまた新しい命へと魂が旅を続けるのだとすれば、同じようなものなのかもしれませんね。

2018年11月11日

末枯れ(うらがれ)や 巡るいのちに 思い馳せ

kareyuku

日日是今帳…11月7日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

11月に入って初の投稿となりました。早一週間が過ぎています(汗)1日から三日間ほどヒビコレに韓国の方々が滞在してみえました。gallery0369で写真展を開催される作家さんお二人とお友だち。おでんやてこね寿司で日本の味を楽しんでいただきました。これまでも演劇関係の韓国、台湾の方々がみえたりと、こんな里山に居ながら海外の方々と交流ができるなんてなんだか不思議です。通訳してくれる方がみえたので、いろいろお話しも弾みました。そんな日々から日常に戻ると、庭のシラキが真っ赤に色づいていました。昨夜、玄関灯に照らされたシラキの葉は、ドキッとするような妖艶な赤色をしており、しばし見入っておりました。

2018年11月7日

霜月の 闇に妖しく シラキ燃ゆ

秋庭