月別アーカイブ: 2019年1月

日日是今帳…1月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日は国民の祝日で成人の日ですが、三重県内では土日に式典を開いた自治体が多かったようです。遠方から帰省する参列者のことを考えてその様な日程になっているのかもしれませんね。昨日今日とハレの日を祝福しているかの様な穏やかな陽気でした。成人の日は1月15日という暦で育った世代なので、未だに第2月曜が成人の日というのにピンときません。調べてみたら1999年(平成11年)まで15日だったそうです。うん十年前、東京で寮の仲間たちとジーンズで式に参加したのも学生時代の良き思い出です。最近二分の一成人式という行事をする小学校もありますが、四十にして惑わずは二倍成人式、六十にして耳順うの還暦は三倍成人式なんですね〜。三回目の成人式が近づいてきている…そんなことを思いながら、きな粉餅をほおばる午後でした(笑)

2019年1月14日

平成の 元服祝う 小正月

thumb_IMG_2997_1024

日日是今帳…1月11日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日は美杉の川上山若宮八幡宮さんに初詣に出かけました。樹々と清流のエネルギーをいただき、心身ともに充電できたような気がします。鏡開きということで、帰ってから小豆をコトコトと煮ました。カフェの営業中、ぜんざい用の’黒豆は数え切れないほど煮ましたが、小豆はめったに煮たことがありません。出来合いですませることが多いのですが、今回は小豆を買ってきてチャレンジ。黒豆は一晩水に浸してから煮ていたので、豆を水に浸しておかなくてよいことにまずビックリ!砂糖は使わず蜂蜜と塩で味をととのえてみました。鏡餅は本来は刃物を使わずに割るそうですが、包丁を使っても小さくするのが一苦労でした。とりあえず七草と鏡開きはクリアしましたが、実はまだ年賀状が出せていないという状態。入力した住所データがうまく反映できないとか…。こうなったら旧正月に向けて賀状を出そうかな(汗)なにはともあれ今日も好日(笑)

2019年1月11日

丸餅を 鏡に喩(たと)ふ ゆかしさや

鏡開き

 

日日是今帳…1月9日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

7日の七草粥が過ぎ学校も昨日から三学期がスタート。いつもの日常が戻ってきました。年の暮れから続いていた飽食生活も6日の新年会で終了し、胃腸もホッとひと息ついていることと思います。七草粥で体を労わり、晴れの食事から普段の食事に戻していくという風習を考え出した先人の知恵はすごいですね。とはいうものの数十年前に比べると今は毎日が晴れの食事レベルなのかもしれません。家人のメタボ対策も兼ねて、今年は毎日の食を見直してみたいなと思っています。この体は食べたもので作られ、維持されていると思うと一食一食を大切にしたものです。写真は6日の新年会の持ち寄り一品。きな粉とアオサのおむすびです。中に餡は入っていません。おはぎ〜!と盛り上がった人には申し訳なかったおはぎもどきです(笑)

2019年1月9日

七草も 過ぎてリズムの 整いぬ

marumusubi

日日是今帳…1月4日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

正月も四日になると帰省していた家族が帰ったり、仕事始めの職場があったりと、少しずつ日常が戻ってきます。実家が本家だったので、子どもの頃、親戚が集まってくる賑やかな正月を過ごしていました。年の近い従姉妹と一緒に、大人たちにお芝居や歌を披露するのが恒例でした。小学生だった三人で『黄色いさくらんぼ♬』の歌を帯締めを振り回しながら熱唱したのを今も覚えています(笑)そんな時間が楽しかっただけに、三が日が終わり従姉妹たちが帰ってしまうと、家がガランしてしまい寂しく感じたものです。祭りの後の寂しさというか、残されていくものの寂しさでしょうか。我が家でも写真師は仕事始めで出かけ、息子は母校の高校の部活練習にOB参加で出かけ、ひとりで餅など食べながら今帳をしたためております。写真はヒビコレ’床の間のお鏡さん。赤い膳を出す手間を惜しんで木の椅子の上に鎮座。なんともアバンギャルドな床の間となりました(汗)

2019年1月4日

三が日 過ぎて沁み入る 静けさよ

鏡餅

日日是今帳…1月3日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

正月も3日。365日分の2日過ぎました。毎年のことながら早いものです。元旦の夜は写真師の実家で過ごしましたが、毎年義父が初夢の歌を書いた半紙の船を家族分折ってくれます。書かれている言葉は『なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな(長き夜の 遠の睡りの 皆目醒め 波乗り船の 音の良きかな)』という室町時代から伝わる回文の和歌です。枕の下に敷いて寝ましたが、熟眠から目覚めた朝、夢を見たのかどうかも覚えていませんでした。もしかしたら、一富士二鷹三茄子の夢を見ていたのかもしれませんが(笑)写真は今年のヒビコレのしめ縄です。ワークショップの残りの無農薬の稲わらがあったので、手作りしてみました。丸にするには量が少なく、唇型?ハート型?なんとも不思議な形に仕上がりましたが、一年間玄関を護ってくれるヒビコレの顔です。

2019年1月3日

初春や 心新たに 夢語り

しめ縄

日日是今帳…1月1日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

新年明けましておめでとうございます。

正月準備が手付かずで…とアップしたのが二日前。そして元旦のまったりとした午後の時間に今年初の今帳をしたためています。行く年は待ってくれず、いつもの掃除とほぼ変わらない小掃除で時間切れを迎えました。お節は何品かを手作りして、あとは市販のものを混ぜつつ重箱に詰めて、なんとか格好をつけて食卓へ。今年は勾玉型のお皿で遊んでみました。陰陽お節です(笑)バタバタと過ぎ行く年末年始でしたが、家族で氏神さんに初詣に出かけ、お節を囲むゆったりとした年明けです。2019年も日日是好日。本年もよろしくお願いします。

2019年1月1日

伊達巻の のの字も愉し お節かな

おせち