月別アーカイブ: 2019年11月

日日是今帳…11月27日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

日曜日まで小春日和が続きましたが、今週は月曜日の強い風に始まり、昨日今日と雨曇りのグレイッシュな空。窓から見える風景もシンと静かに感じます。11月も終わりに近づき、やっと門の紅葉が色づいてきました。とはいうもののまだ赤と緑が入り混じった状態。庭の奥の紅葉に至っては、紅葉する前に落葉してしまうのでは?という緑葉状態です。例年より紅葉が遅く感じるのは、やはりこの秋が暖かかったからでしょうか。寒いよりは暖かい方がいいけど四季がきちんと巡ってくれないと不安になってしまう。人とはわがままな生き物なのでしょうね。私だけかもしれませんが(汗)格子戸越しに紅葉を撮ったら、そこだけちょっと京都っぽいぞなんてことを思いながら静かに過ぎ行く霜月のお昼前。今日も好日。今週末のヒビコレライブの頃にはもう少し赤く色づいているかもしれません。紅葉もお楽しみくだいさいな。あ、夜だからライトアップが必要ですね(笑)

2019年11月27日

門の奥 小さく燃ゆる もみじかな

kousimomiji

日日是今帳…11月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日は朝から曇り空。時折パラリと雨。お日様の光が遮られただけで、同じ窓の外の景色が昨日とは別のもののように感じます。そんなグレイッシュな庭に『水カンリンバ』を置いて撮ってみました。水色と黄色の水カンリンバとそれを見上げているウサギ。ちょっと庭が明るくなった感じです。この水カンリンバは空き缶を四つつないで真ん中に水をいれたもの。11月30日にヒビコレでライブを開催する旅の音楽家『丸山祐一郎&はる』が作る創作楽器です。水の流れが奏でる美しく不思議な音色をライブでぜひ聴いてください。黄色い方に2009年、水色に2017年の日付が入っていました。原爆の火をつないで日本を北上するライブでご縁をいただいた丸山さんとはるちゃんのお二人と、もう10年以上のお付合い。そんな時の流れをしみじみ思う霜月の昼下がり。

2019年11月22日

曇りゆえ 差し色映ゆる 秋の庭

mizukannrinnba

日日是今帳…11月18日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

このところ小春日和という感じが続いています。朝夕は冷えるものの昼間はポカポカと暖かく、洗濯物はよく乾き、それだけで幸せな気分。庭のケヤキかエノキか?分からない二本の大木の一本はほぼ落葉し、もう一本は黄葉真っ盛り。裏庭の柿の木は届かぬ高さに実をたわわに実らせ、カラスウリは柿色に負けじとばかりの美しいオレンジに色づく。犬は心地良さ気に午睡し、亀は石の上で甲羅干し。ガラス瓶にきらめくお日様の光、窓際のモノたちの影。まったりとした霜月半ばの午後。今日も好日。

2019年11月18日

午後の影 柔らかくなり 秋深し

椅子