月別アーカイブ: 2020年4月

日日是今帳…4月30日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

卯月もみそかとなりました。あっという間のひと月。毎日ヒビコレ界隈メンテナンスをしていてもゴールはまだまだという感じ。暑くなってブトに刺される前にある程度外仕事を進めたいものです。週末から昨日の祝日の間、近隣のあちらこちらで田植えの風景を見かけました。機械化が進んでいても人の手はかかるようで、家族や仲間が協力して作業をしているようでした。子どもの頃、従姉妹の家の田植えを手伝った記憶があります。とは言っても田植えは見ているだけだった気がします。多分お茶を運ぶ手伝いくらいしかしていないのに、大人と一緒に仕事しているという気分が楽しかったのかもしれません。これから苗が育って稲穂になるまで、里山の風景を彩っていく田んぼ。瑞穂の国の実りが豊かであることを切に祈ります。写真はヒビコレプランターのネギ畑。ご近所さんにいただいて植えたのですが、今が食べ頃なのかなぁ?よくわからない(笑)手前は買ったネギの根っこを植えてみました。

2020年4月30日

早苗吹く 風に運ばれ 卯月行く

negi

日日是今帳…4月29日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昭和生まれの私としては4月29日というのは天皇誕生日の祝日というイメージが強くて、未だに暦を見るまで今日が昭和の日というのを忘れています。ググってみたところ平成元年の1989年からはみどりの日と制定され、2007年から昭和の日になったんですね。短期間にコロコロ変わって覚えきれません(笑)子どもの頃は飛び石連休が多かった気がします。休んで学校に行ってまた休みが続いて。いつからゴールデンウイークと呼ぶようになったんでしょうね。ということでこれもググってみたところ1951年、昭和26年に映画の宣伝用語で使われたのが始まりだそうです。翌年から一般的に使われるようになったようですが、黄金週間という響きがゴージャスです。当時の連休は5月3日から5日の三日間くらいだったことを思うと、その休みに大層な呼び名を付けたものですね。ヨーロッパの一ヶ月もあったりするバカンスという感覚に比べると、とてもつつましい感じがします。日本人は元来働き者なのでしょうか?写真は咲き始めたコデマリの花を撮ったはずが、どう見ても後ろの大木が目立っています(笑)

2020年4月29日

黄金の 休みも静か この春は

コデマリ

日日是今帳…4月28日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

外仕事のお天気日和が続くと今度は家の中仕事がなおざりになるのが問題。積み重ねたセーターが視線に入るたびに、さすがに冬シーズンの衣料は片付けねばと気になる次第。それでこの週末はカラッと乾いたお天気で風もあったので、思い切ってセーター類を洗濯。と言っても洗濯機にポイポイ放り込んで洗ったものをハンガーに干して乾かすだけという超手抜き法。長い間、風呂場で手洗いをして洗濯機で軽く脱水をかけてという作業をしてきましたが、ここ何年かは洗濯機丸投げ作戦。型崩れや毛羽立ちもあまり気にならないので、良しとしています。楽な方に楽な方に流れて行く自分が恐ろしくもありますが、自分流で行くのもありかなと思っているナマケモノです。写真は4月の半ばに植えた『こごみ』です。半額になっていたので植えてみました。ヨレヨレでしたが元気に育っているようです。今年は食べられませんが、来年の今頃は家庭山菜が楽しめるかも(笑)

2020年4月28日

来春を 夢見てこごみ 植えし今

kogomi

日日是今帳…4月26日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日はお昼過ぎに今帳をアップしてから枝切りを再開。この枝は切ろうか残そうか?とあれこれ考えながらノコギリを入れます。木を切る作業は好きですが、できる限り切りたくないのが本音。光が入るように、枝同士がケンカしないように、他所に迷惑をかけないように、家屋が壊れないようにという自分なりのルールで伐採。本来は秋から冬にかけて木の成長が緩やかになっている時に切るべきなのでしょうが、夏を越えるとますます手に負えなくなるので申し訳ないなと思いながら、若葉の茂り始めた枝をギコギコ。せめて木の水分が少ない新月の頃に伐採しようということで、絶賛伐採中。夕方前に写真師が帰宅し、突然草刈機を始動し始めたので刈り草の片付けに突入。おかげで倉庫裏がさっぽりしましたが、私は予定外の加重労働(汗)でも外仕事は長時間になっても疲れを感じません。大地からエネルギーがもらえるのか?私の脳内がアウトドアワークハイになているのか?(笑)写真は本文と全く関係ないシダ。アップしたいなと思いながら機会がなかったので、本日デビューさせました。

2020年4月26日

脇枝を 切らんとすれば 蝸牛(かたつむり)

しだ

日日是今帳…4月25日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

そうそう。これでなくちゃ!という四月下旬の理想のお天気。外仕事がしたくてお昼までちょっとと木の手入れを始めたら、気づけば一時を回っていました。寝食を忘れて没頭できそう。寝るのは好きなので忘れられるのは食だけですが(笑)木のことも書きたいのですが、今日は旬のタケノコで。ありがたいことにこの十日足らずの間に、友だちや町内のおじさまからタケノコを三回いただきました。立派なものを一度に三本いただき、納屋から大鍋を出して二つ鍋体制でグツグツ。越して来た最初の頃は、ネットで調べて皮付きのまま茹でていましたがいつの頃からか皮を剥いでから茹でるようになっていました。皮の剥ぎ方もどんどん進化して、今は厚い皮を二、三枚剥いだらタケノコの頂点を想像して頭をカット。それを縦割りにすると残りの皮が簡単に外れます。頂点の見定めを失敗すると、写真のタケノコのようにちょっと残念な形になります(涙)皮の衣をまとったタケノコの中身を透視して、ちょうど良い部分をカットできるようになるには、まだまだ修行が必要なようです(笑)

2020年4月25日

大鍋の ぬか風呂に入る 筍や

takenoko

日日是今帳…4月24日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

晴れたやん!と思ったら、突然パラパラときて、また陽が射して。このところこんなお天気が多いような。女心と秋の空という言葉がありますが、女心と春の空という言葉もありではないかと思う今日この頃です。先日の今帳でキャラブキを作ろうかなと書きましたが、有言実行だということでキャラブキではありませんがフキを炊きました。アバウトな調理なのでしっかりアク抜きができていなかったので、炊いた直後はエグ味が強くてう〜んという感じでした。それで昨日丸一日放置してあったのですが、今日つまみ食いしたところエグ味は残るもののなかなか美味しくなっていました。汁を吸ってエグ味が薄まったのかもしれません。早速お昼にバクバク食べました(笑)棄てずにすんで良かったです。とはいうものの味に寛容な私だから大丈夫ですが、他の人の口にも合うようにするには、もっとちゃんとアク抜きが必要ですね。失敗を教訓としてまたチャレンジです。保存のきくキャラブキにも挑戦してみようかな。葉の塩漬けもやってみたいな。しばらくはフキで楽しめそうです(笑)

2020年4月24日

糧となる 大地の恵み ありがたき

ふき

 

日日是今帳…4月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

連休前のお天気は陽の射す日でも微かな湿り気を帯びているように感じます。気候の体感は人によって様々なので、今日をちょうど良いと感じる人もちょっと肌寒いかなと感じる人もいるんでしょうね。なので、四月下旬の空気が微かに湿っぽいと思うのも私だけかもしれません(笑)お天気に関する人の感覚というのは、幼少期の体験や住んできた場所によっても異なるんだろうなぁなどと窓の外を眺めながらパソコンに向かうお昼前。写真は日曜日の外仕事の成果発表です。昨日アップしたフキ畑に続く道にゲートを作りました。夜になると奈良公園化するので、鹿の侵入防止用です。ヒビコレプチ農園の第一歩。ちなみに使わなくなった犬用の柵を利用したので材料費は444円。コスパは非常に良いです。あとはどこまで倒れずに持ちこたえてくれるか(笑)

2020年4月22日

薄陽射す 卯月の風の 切なくて

gate

日日是今帳…4月21日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

もう少し晴れるのかなと思ったのですが薄曇りのお天気になりました。雨は降っていないもののお日様のエールがないとなんだか外仕事の気合が入りません。午前中は気の遠くなるカオス状態の事務所倉庫の片付けに取り掛かりました。ここもまた15年分の行き場がわからなくなってしまったモノたちで埋め尽くされています(汗)しかし古民家Hibicore再生プロジェクトを稼働させるためには、こちらもなんとかしなくてはなりますまいということで、一日に少しの時間でも片付けることを写真師と決めました。Hibicore&369番地界隈リボーン。日日の小さな積み重ねで界隈が浄化されるように頑張らなければです。明けない夜はない。片付かない部屋はない(笑)写真は西裏庭のフキ畑?これだけあれば、結構な量のきゃらぶきができそうですね。今夜あたり作ってみようかな。

2020年4月21日

蕗(ふき)畑 コロポックルの 団地かな

フキばたけ

 

日日是今帳…4月20日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

このところ外仕事話の連投なので今日はヒビコレネイチャーネタで。カタツムリはヒビコレの定番キャラ。晴れた日にも木の幹や壁などにペタリとくっついて、じっとしているのを一、二匹は見かけることがあります。しかし雨の日になるとこんな所にカタツムリ状態。と書いてから、ちゃんと目視報告しなくてはと庭に出て十秒ほどで紅葉の木、ハナミズキの木で寛ぎ中のカタツムリを四匹見つけました。皆さん出番が来たとばかりに雨を謳歌しています。写真は犬小屋に向かう道で発見したカタツムリ。このまま登りつめてどうするつもりでしょうか?先っぽにはチビチビのカタツムリもくっついているし。方向転換して降りるのか?バックで降りるのか?気になるところですが観察するにはよほど気長なくないとね(笑)カタツムリとナメクジの違いは?ヤドカリみたいに家を替えるのか?などなど。カタツムリについて考察するこんな雨の日もまた好日なり。

2020年4月20日

春の雨 今を遊べよ 蝸牛(かたつむり)

katakata

日日是今帳…4月19日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

毎日お天気ネタから入っていますが、今日は曇り。日が差したかなと思ったらポツリとくる。アレ?今日も微妙に予報がズレているのは美里町だけでしょうか?(笑)さて、こここで昨日の外仕事の成果発表です。先日ヒビコレ西側の魔窟の片付けの記事をアップしましたが、棄てたシンクやガス台はいろいろな物の一時ストック台にもなっていました。棄ててスッキリはしたものの物たちを地面に放置しておくわけにもいかず…ということで、棚を設置しました。材料は裏に放置されていた足場とこれまたあちこちに放置されていた材木。足場を立てて板を通して出来上がり。外仕事の道具や段ボールの置き場設置完了です。写真の後方にはまだまだ魔窟が続いておりますが、日日是片付。毎日少しずつでも手を付ければやがては清々しい空間になるはず。片付けた所が散らかってしまっては意味がないので、『整理整頓』の板書を立てかけておきました。自分への戒めでございます(笑)

2020年4月19日

整えば 物たちもまた 嬉げで

整理整頓