日日是今帳…8月7日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨年夏に外壁がはがれ始めた囲炉裏の部屋の土壁が、この春に室内側も崩落。床に土山が誕生という状態になり、いよいよ修繕をお願いすることになりました。長い梅雨が明けた8月の初めに作業がスタート。角の壁を取っ払って部屋に光が入りました。柱だけの開放的な状態は沖縄の古い家の様でとても素敵だったのですが、動物も虫も入り放題なのでそのままというわけにはいかず壁を再生。これまでは無かった外窓もつけてもらうことになり、囲炉裏の部屋が素敵な空間に生まれ変わりそうです。写真は土壁のベースとなる『竹小舞』です。この辺りでは『えつり』と呼ぶそうです。昨日この竹小舞が完成し、今日は荒壁塗り。少しだけ壁塗りを経験させてもらいましたが、見ている様には全然できません。でも自分の家づくりにちょこっとですが参加できて良い経験になりました。もともとあった壁の土を再利用してもらえて、廃棄も少ないので昔ながらの家づくりというのは、うまくできているなと思いました。

2020年8月7日

古家の 化粧直しは 竹と土

たけこまい

 

次の記事

日日是今帳…8月13日