日日是今帳…8月24日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は二十四節気の『処暑』でした。厳しい暑さが峠を越した頃だそうです。犬の散歩で朝からひと汗かき、蝉は元気に合唱し…まだまだ夏感満載ですが、夜風は涼しさを帯びてきました。少しずつですが秋に近づいているようです。昨日はノウゼンカズラをアップしましたが、あれからまた花がいくつか開いてきました。最後にひと花咲かせるぞという感じでしょうか(笑)今日もヒビコレ夏の花図鑑から。この夏、一つ目に開いた桔梗です。ノウゼンカズラのオレンジとは打って変わった清楚な白が、庭に清涼感を与えてくれます。この花も咲いてから、「あ、ここに桔梗があったんやった!」と、自立して咲いてくれる花です。木陰で日当たりが悪いので、光を求めて茎を一生懸命伸ばしています。逆境を乗り越えて咲く一輪の花、健気です(汗)ちなみに秋の七草の一つで、初秋の季語だそうです。本日の夏休みの自主勉強でした(笑)

2020年8月24日

夏庭の 白き桔梗が 涼を呼び

桔梗

前の記事

日日是今帳…8月23日

次の記事

日日是今帳…8月26日