日日是今帳…8月29日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日、町中に出ていた時は青空に白い雲が立っていましたが、峠を越えて美里に戻ってみると雨こそ降っていないものの薄曇に覆われていました。やはり山の麓なんですね(笑)昨日は未明から雷神さんが大暴れで、地鳴り?と思うくらいの建物も揺れるような落雷が何度もあり、かなり長時間続きました。私の半世紀プラスαの記憶では、生まれて初めて?というくらいの雷ワールドでした。ご近所ではWi-Fi機器が故障したり、我が家ではギャラリーの額が落下して割れたりと困った置き土産もありましたが、雷は神鳴でもあり、落雷により土地の浄化をしてくれるとか。稲光という言葉があるように、作物を育てる土地にエネルギーを与えてくれる作用もあるのでしょう。感覚的にはプラスに帯電過多になると、バランスを整えてくれる感じでしょうか?写真は今日のヒビコレ庭。青空が広がっているのですが、鬱蒼とした庭はまだ雨のじっとり。でも、吹き抜ける風は最高に気持ち良いのです。

2020年8月29日

庭抜ける 風と去りゆく 葉月かな

もり

前の記事

日日是今帳…8月27日