日日是今帳…9月26日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日26日は彼岸明け。お彼岸の時期に合わせて景色を赤く彩ってきた曼珠沙華も、日当たりの良い畦道ではすっかり色あせて、白っぽくなり始めています。鮮やかな色の花だけに、枯れゆく姿を見るとちょっと寂しい気がします。もっとも当の花はただ咲き、ただ枯れ、ただ大地に還っていくだけなのでしょうが…。人間だけでしょうか?老いに逆らってアンチエイジングに闘志を燃やしてるのは(笑)写真はヒビコレで拾った栗。多い年はたくさん採れるのですが、今シーズンはイガの落ちる量が少ないように感じます。昨年は草刈りをさぼったために全然拾えなかったので、今年は反省してイガが落ちる前になんとか草刈りをしました。働かざるもの採るべからずと、自然に諭されているような気がします(汗)

2017年9月26日

赤色の 褪せて彼岸の 明けの来る

くりくり

前の記事

日日是今帳…9月25日

次の記事

日日是今帳…9月30日