日日是今帳…5月15日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

薄曇り。爽やかな中にも少し湿り気を感じる風。あっぱれに晴れた青空の日も好きですが、湿った空気の日も好きです。なんとなく懐かしい空気の感覚。なぜかは分かりませんが。もしかして遥か昔にそんな中で生きていたのでしょうか?巨大なシダ類が繁る太古の記憶(笑)何はともあれこんな日は外仕事がサクサクっと進んでいい感じです。明日は雨の予報なのでこれまでお日様が乾かしてくれた枝や葉が濡れる前に避難させたいものです。「さて本日の被写体は何にしようかな」と思って玄関を開けたら、アロエが葉をツンツンと尖らせて待っていました。まるで自分を撮れと言わんばかりだったので、玄関から一歩出ただけで今日のモデルが決定。犬小屋に向かう通路の端に十年くらい置きっぱなしで、ツル類の葉に埋もれていたものを救出し一時玄関前に置いたものなのですが、通る度に足に当たって痛いぞ!と思うので早く移動しないとね。どこに鎮座してもらうか目下思案中。

2020年5月15日

湿り気も どこか懐かし 五月風

aroe

日日是今帳…5月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

13日のHP投稿を見たらタイトル日付が14日に。Facebookページはタイトル無しなので問題ないのですが、一日先走った様です(笑)昨日は柴作りの合間に久しぶりにフキのアク抜きをしました。今シーズン3回目なのでだいぶ要領を得てきて、作業段取りもスムーズになってきたと思ったのですが、ロケットストーブで調子に乗って湯がき過ぎた様です。アクがしっかり抜けましたが、もうちょっとフキのエグ味が残った方が良かったかなという感じ。フキ仕事もまだまだ精進です。写真は白樫の葉に止まっている黒アゲハ。昨夕もこの枝にいたので同じアゲハかな?と思いながらパチリと撮ったら、もう一羽黒アゲハがやってきて一緒に飛んでいきました。シャッターチャンスゲットです(笑)今日も外仕事日和。風通しの良い日陰を見つけて午後から頑張るといたしましょうか。

2020年5月14日

黒揚羽 若葉の裏で 陽射しよけ

kuroageha

日日是今帳…5月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は晴天だったものの過ごしやすい日で、ロケットストーブ用の柴作りが進みました。とはいうものの只今絶賛伐採中なので、次から次に柴にしなければならない木が出てきて終わりが見えません(笑)私には難しい場所も伐ってもらって、ヒビコレの裏側が見違えるほどスッキリしました。その代わり荒れ放題の様子が道から丸見えになっています(笑)伸びた笹も刈ってもらったので、風が通るようになり家にとっては良い環境になりました。これで清々しい空間になるかなと思ったのですが、魔窟整理がまだ途中でした(汗)雨で外仕事ができない時はお片付けかな。写真は三月の終わり頃に実家からたくさんもらってきた夏みかん。いつからあったか覚えていない木ですが、毎年たくさん実らせてくれます。外側ははシワシワのフニャフニャですが、中身は甘くてジューシーです。この夏みかんの’ように外側は老いても中身は瑞々しくありたいものです(笑)

2020年5月13日

笹刈りて 五月の風の 通り行く

夏みかん

日日是今帳…5月12日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は暑い日で、お昼を食べてから日陰なら大丈夫かなと思い外仕事をしていたら、ものの半時間でギブアップ。力仕事をしているわけでもないのに、汗が噴き出してきてこのまま続けるとやばいぞということで、室内での作業に変更。連休が明けて一気に夏っぽさが増してきたように感じます。今日は手放せずにいた腹巻をやめて(笑)、半袖に作業着を羽織り、少しだけ夏仕様ファッションで午前中に外仕事。陽は照っているもののさほど暑さを感じることなく作業できました。車を置く場所も無くなりそうなので、今はとにかく伐採した木をカットする仕事が最優先。耕し始めた畑も途中で止まっています。二週間後にはオクラの苗をいただく予定なので、それまでには畝を完成させねば!写真は箱庭ならぬ箱畑。義母からもらってきた三つ葉、シソ、マリーゴールド。食べたネギの根っこ。箱畑はなんとか育ってくれています。家で毎日があっという間に過ぎていき、パート仕事をしていた頃の方が優雅な日々だった気がする今日この頃(笑)

2020年5月12日

紫蘇の葉も 五月の光 眩しかろ

箱畑

日日是今帳…5月11日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝の犬の散歩は9時頃なのですが、今日はその時間はすでに陽射しが強く帽子がいったなと思いました。起床時間をサマータームに変更しなくてはですね(汗)昨日サクランボの写真をアップしましたが、もし蒔いたタネが芽を出したとしても実のなる木に育つのはずーっと先のこと(笑)なので実のなる木を植えることにしました。畑予定地に植えたのはビックリグミとユスラウメ。半月くらい前にホームセンターで半額になっているのを購入し、鉢のまま置いてあったものを移植してみました。どちらも育てやすいと書いてありましたが、植物音痴の私としては実がなるかどうかドキドキです。ユスラウメは漢字では山桜桃梅。名前の響きが美しいなと思います。子どもの時に近所の庭先で食べた甘酸っぱい味が懐かしくて植えてみました。ヒビコレ果樹園スタートです。今後この木に関する記事がアップされなかったら、残念な結果だったんだなとそっとしておいてやってください(笑)

2020年5月11日

庭先で 山桜桃食(は)む 遠き日よ

gumigumi

日日是今帳…5月10日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

とても細かい雨が時折降りてくる朝でしたが、お昼前になって少し明るくなってたような。三月で仕事を辞めてからほぼ予定もなく家に居るので、曜日感覚が無くなりますが今日は母の日ですね。昨夜、寮住まいの息子から、月曜日に家に宅配が届くからというメッセージをもらったので密かに楽しみにしているのですが、取らぬ狸の皮算用かもしれません(笑)今朝、町内の産直売所でカーネーションの鉢植えを見つけました。カーネーションを送るのはベタ過ぎかなぁとも思いましたが、濃いピンクの花が可愛かったので、両家の母親用に二鉢購入。『節知』さんの母の日のお菓子の詰め合わせと一緒に届けようと思っています。二人とも元気でいてくれるので、それだけでありがたいです。写真はその直売所で昨日購入したサクランボ。小ぶりですがとても甘くて美味しかったです。タネを取っておいたのでプランターに植えてみようかな。庭で食べてタネを捨てていた人もいるので、そこから生えてくるかも?やっぱりサクランボの木が欲しいなぁ(笑)

2020年5月10日

赤き実を ほおばる縁側 春嬉し

サクランボぼぼ

日日是今帳…5月9日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

湿った空気の朝です。いつから雨になるんだろうと書いて所用で外に出たら、細かい雨が降っていて洗濯物を中に干し直しました。でも今また少し光が射してきたので、今日はこんな繰り返しでしょうか。犬の散歩コースのあぜ道から、伊賀街道を挟んで我が家が見えます。この時期は家の裏にある桐の花が満開で、美しい薄紫の花に我が家が彩られています。裏山のその木が桐だと知ったのは越して来て数年経ってからで、いつも小道に落ちている花が桐の花だと知ったのもその時でした。桐というと一番に思いつくのが花札。20点の札の中では一番地味だなと子ども心に思っていました(笑)成長が早く狂いが出にくいことから家具にも良く使われているそうです。女の子が生まれると桐の木を植えて、嫁入りにはその桐で作ったタンスを持たせるという話も聞いたことがあります。写真は桐の紫の花つながりで、庭の紫の代表アザミ。花の可愛らしさと葉っぱのギザっと感の組み合わせが面白なぁと思う好きな花の一つです。

2020年5月9日

野アザミの 小さな花火 庭の隅

アザミ花火

日日是今帳…5月8日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝は肌寒いくらいでしたが、日が射して心地良いお天気となりました。吹く風は少し冷たくて畑仕事日和なので、今日は作業を進めたいものです。昨日の夕方少し裏庭を耕しました。この数日少しずつ草や笹を取り除いていますが、どこまで続くの〜という長い根もあり綱引き状態になったり。最初は石を見つけては取り出していましたが、石はミネラルを出すので必要であるという農法を読み、ある程度は残しておくことにしました。耕し始めると、この草もこの根も取ってしまおうと、目に入る草を引っこ抜くことに夢中になってしまいます。そうしていると、「もういい」「もう十分」という言葉が浮かんできます。それでも草を抜き続けていると、再び「もういい」という声が頭の中に響いてきます。そこでふと自分がとても貪欲になっていたことに気づくのです。もっとスッキリさせたい。もっと畑地を広げたいと。初心者が一人で作る畑にそんなに広い場所は必要でないのに、知らず知らずのうちに欲が出ている。そんな自分にびっくりしました。足るを知る。気をつけているつもりでも、う〜ん、欲というのはしっかり染み付いているようです(笑)きっと草や虫たちが私の心にささやきかけてくれたんでしょうね。感謝。耕した所は何か植えなくては(笑)

2020年5月8日

虫たちの 住処を借りて 畑する

hatake

日日是今帳…5月7日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

連休明けの今日はとても光が美しくて、散歩の足取りもいつもよりゆっくり。休耕田一面に咲く黄色い小花、空気が澄んではっきり見える山々。浅い青の空に白墨のようなラインを引いて進む飛行機雲。少し冷たい風も心地よくて、思わず歌など口ずさみながら五月晴れを満喫。近所のサクランボのなる木の下には赤く色づいた実が落ち始め、小鳥がついばんでいました。摘んでっていいよと言っていただき食べたことがありますが、小粒でも甘くて美味しかったです。休みが明けましたが、今のところ私の仕事は引き続きヒビコレ界隈のメンテナンス。さて、アップが終わったら作業に取り掛かりましょうか。写真は発掘されたヒビコレ樋アート2。この高さまで伸びた生命力に感動です。これもまた根がいい味を出しています(笑)ちなみに右のプラ桶の中身は樋に溜っていた落ち葉の一部(汗)

2020年5月7日

鳥の喰む 赤き実ゆらす 五月風

樋アート2

日日是今帳…5月6日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は好天気に恵まれ過ぎて(笑)昼中の外仕事はやめて衣替えをしました。これまで色々な方法を試してしてきましたが、最近は衣料用圧縮袋にグループごとに詰め、タグを付けて衣装ケースにしまっています。夏物を出した袋に冬物を入れてタグだけ付け替えれば完了。洋服屋さんの鏡は魔法の鏡なのか?試着するとどれも似合う気がしてつい買ってしまうのですが、もともとお洒落に労力をかけられるタイプではないので着こなせないまま。この何年か衣替えのタイミングで整理して洋服の数も減らしました。さらに在宅が多くなって気づいたのは、上下3セットあれば十分だったということ。このままでは作業着しか着こなせない女になりそう(汗)お出かけ解禁の時に向けてコーディネートを考えておくとしましょうか(笑)写真は昨日樋の掃除をしてもらって発掘された植物。根っこが樋の形になっている。もはやアート作品です!

2020年5月6日

樋の中 大地と思うて 根を伸ばし

トユアート